ニュース

愛知県において「ラーケーションの日(子供の平日休み制度)」導入

出典:Photo credit: stewedpeas on Visualhunt.com

公立高校の小中高校、特別支援学校の児童を対象に、平日に学校を休める制度を導入します。

導入時期は2023年の2学期で、一年あたりの休みは3日です。

非常に斬新なアイデア

小中高校は全出席を義務化されており、休んでいいという発想はありませんでした。

愛知県の取り組みは、学校教育に一石を投じることになるでしょう。

メリット、デメリットを考察

平日に休めるようになることで、気分転換をしやすくなります。

子供たちにとって、一定のメリットはあると思われます。

休みを与えることによって、休み癖をつけてしまう可能性はあります。

休みを付与することによって、学校にまったく登校しなくなるかもしれません。

一部の生徒は授業についていけなくなるかもしれません。休みをどう取り戻すのかは重要です。

運動会などの学校行事を嫌っている人は、本番を休みに設定することもありえます。

取得できない日などを、決めておいた方がいいのではないでしょうか。

休み導入によって、教師の負担増加が懸念されます。

教える側にとって、厳しい環境になりそうです。

どれくらいの人が利用することになるのか

人目を気にするあまり、制度を利用しない児童、生徒もいると思われます。

全員に利用しやすいような、環境づくりは必要となるでしょう。

将来的には全国に普及するかもしれない

愛知県のやり方を参考にしながら、休み付与の動きは広がっていくかもしれません。

10年後、20年後には全国で取り入れられている可能性もあります。

最後に

導入が25~30年早ければ、自分も利用できました。

小学生時代になかったのはとても残念です。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 【海外サッカー】ギャレス・ベイルが33歳で電撃引退
  2. 【アベンジャーズ】米俳優ジェレミー・レナー、除雪車に轢かれ重傷【…
  3. 介護事業所の管理者のテレワーク解禁
  4. 鳩を轢き殺した男が逮捕された
  5. 総務省ワイドFM広報に、声優の雨宮天さん
  6. 【にじさんじ】バレンタイン新グッズ&ボイス販売決定!【2月10日…
  7. 漫画家「寺沢武一先生」亡くなる
  8. 自転車利用者
PAGE TOP