詩・ポエム

詩:『ろこんろこん』

出典元:TEN TO TEN market PRESS

 

 

ろこんろこんと

硝子玉が転がる

サイダー瓶の中で

はじける泡と泡

さっぱりとした甘さが

のどを潤す

瓶に残った硝子玉は

転がりつづける

小気味よく

涼やかな音を

聴かせてくれる

文章:増何臍阿

関連記事

  1. 『一輪の四つ葉のクローバー』―奇跡が起きそうな瞬間―
  2. 『考えたい』
  3. 『時が経つのは早い』
  4. 『オレンジ色』―青い空からオレンジ色に変化―
  5. 『直面』―死の反対は、生きるになる―
  6. 詩:『一番大切な自分』
  7. 『前を向きたい』
  8. 『自分を守るために…』
PAGE TOP