コラム

障碍者手帳の恩恵(電車、バス)

里帰りをしたときに、障碍者手帳(療育手帳)を使用しました。そのときに感じたことを、書いていきたいと思います。

 

電車で恩恵はあまり感じられなかった

 

障碍者手帳で乗車券は半額になるものの、指定席券は割引対象ではありません。そのこともあって、手帳の恩恵は小さいように感じました。指定席のある列車に乗るときは、手帳の恩恵は小さめです。

自由席券の場合は、割引率は大きくなります。自由席に乗るのであれば、手帳の恩恵は生きてくるのではないでしょうか。

 

バスの恩恵は大きかった

 

障碍者手帳を見せることで、バスは50パーセント引きになります。1400円の運賃を700円にできたので、恩恵は非常に大きかったです。

バスは往復で利用しました。1400円も割引されたので、非常に助かりました。

 

電車、バスのどちらを利用するべきか

 

障碍者手帳を取得している人は、バスを優先的に使用するようにしましょう。金銭負担を軽くすることによって、お金を節約できます。

コロナ拡大の前に、往復6000円くらいのバスに乗ったことがあります。往復割引を含めると、60パーセント割引になるので、障碍者手帳の恩恵を受けることができます。

 

画像提供元:https://visualhunt.com/f7/photo/5036762720/47093618d8/

関連記事

  1. 眼鏡濃度について
  2. エッセイ:『マーさんのこと』
  3. 小説:『自分の道(9)』
  4. 才能のある人は無自覚に人を傷つける
  5. 「努力=苦しい」から離れる
  6. タッチパネルの注文だけで回転寿司を食べた感想
  7. エッセイ:『Dad’s complaints(おじさ…
  8. 余裕を持って行動しよう
PAGE TOP