エピソード

バス車内が地獄と化した。

バス車内が地獄と化した。

順を追って話そう。

 

朝通勤のバスに乗り込むと、乗客はまだひとりもいなかった。
この時間のバスは発車時刻よりも大分早めに来ているようだ。
寒い中でもギリギリまで乗客を待たせる便もあるのに比べると、なんだか良心的な感じがした。

ぽつぽつと乗客が乗ってきた。

ラッシュ時ではないからか、ひとが落ち着いている。激怒しているかのように交通系ICカードをひっぱたく人はいなかった。

異変が起きた。
かなり強い香水の匂いがしてきたのだ。
はっきりとはわからないものの、どうも三つ前の座席に座ったご老人のように思われる。

こりゃかなん、と思いながらもじっと耐えた。耐えるほかない。

しかし、である。
こんな時に限って道路が渋滞しているのだ。
バスは遅々として進まない。停車駅はあと三つ。耐えるほかない。

その時であった。
香水の匂いに、アレの匂いが混じり始めたのだ。
最初は、ちょっとした違和感のようなものだった。だが、それは確信に変わった。

俺は考えた。
まるで、あらかじめアレの匂いをカムフラージュするために香水をふりかけていたかのようなのだ。

おじいちゃんがどうせ粗相するから、先に手を打っておいたご家族か介護の方か…

バスを出たら、母親に手を引かれた小児が俺に向かって「くさい!!」と叫んだ。

 

俺じゃないっ!!!

文章:増何臍阿

画像提供元:https://visualhunt.com/f7/photo/8261599200/ec44644823/

関連記事

  1. 何事も経験が大事
  2. 3日前に振袖レンタル予約して成人式行ってきたレポ
  3. 思い返してみたら
  4. 『耳が痛い話』を聞くことの大切さ。
  5. 怖い風が吹く
PAGE TOP