詩・ポエム

詩:『この世界で』

 

あの頃の僕は

 

どうしていたのだろう

 

辛く厳しい冬のようだった

 

先が見えずに

 

ただ心が

 

ただ心が

 

沈んでいた

 

いつの頃からだろう

 

光が差してきたのは

 

全てが良くなり

 

周りの景色が

 

今までとは違う

 

何故なのだろう

 

あんなに辛かったのが

 

噓のよう

 

生きてて良かった

 

本当に良かった

 

これからだ

 

これから先が

 

楽しみだ

 

本当に良かった

 

生きてて本当に良かった

 

本当に良かった

 

ありがとう

 

ありがとう

 

生きてて本当に良かった

 

ありがとう

 

ありがとう

 

感謝です

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F5695%2F23123455453_5bd66763eb_c.jpg&s=02f163323226527e7a6a944b23c20af0

関連記事

  1. 『一つでどっちにもなれる』―前に向くのも後ろに向くのも自分次第―…
  2. 『そばに居る人』ー幸せの時ほどそばに居る人の大切さー
  3. 『理由がわかるまで…』―わからないならわかるまで追い続けよう―
  4. 『季節』―春の季節は、別れと出会いの季節―
  5. 『一輪の花』
  6. 『闇の中に居る人』―どうやったら助けてあげられる?-
  7. 『求め過ぎないこと』―相手に求めれば、求める程にどつぼにはまるー…
  8. 『自分』
PAGE TOP