レジャー

大相撲の十両、幕下の入れ替え予想を書いていきます。(2022年11月28日時点)

大相撲の十両、幕下の入れ替え予想を書いていきます。(2022年11月28日時点)

 

 十両以上の千代大龍、豊山は引退

 

十両以上の千代大龍、豊山が引退します。どちらも番付発表前の引退なので、関取の枠は2つ空くと考えてよいでしょう。幕下から2人以上は、十両にあがることができます。

 

 幕下に落ちる成績の十両力士は3人

 

徳勝龍、對馬洋、魁勝は幕下に落とされる可能性のある成績です。徳勝龍は東12枚目で、4勝11敗なので、十両に残る可能性はありません。對馬洋、魁勝は番付運によっては、十両に残れる可能性はあります。

 

 十両にあがる可能性のある成績は3人

 

幕下5枚目以内で勝ち越した、湘南乃海、朝乃山、白鷹山は十両にあがる可能性はあります。勝敗などからして、湘南乃海、朝乃山は確定です。白鷹山は入れ替え戦に敗れたものの、棚ぼたで十両昇進しそうです。3人は2023年1月場所を、十両で迎えることになります。

 

 最後に

 

十両昇進は運に大きく左右されるのは否めません。運をつかむことは、関取の第一歩なのかもしれません。

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/51978969090/93985ec79a/

関連記事

  1. 西山朋佳奨励会三段の第68期の四段昇格が消滅
  2. 相撲界(行司も含む)の厳しい縦社会
  3. 第93回選抜大会の抽選会が行われた
  4. 正式な棋士以外が竜王戦の5組以上に昇格した場合の扱い
  5. 木崎海は引退届を提出
  6. 【欧州CL】2022-23シーズンがいよいよ開幕!!
  7. ナイキが新高速シューズ(アルファフライ)をデビューさせるかもしれ…
  8. 女性初のプロ棋士は誕生するのか
PAGE TOP