人生

大きな心で

 

小さなことでくよくよしない大きな心。おおらかな心になっていきたい。

 

何事にも動じない強い自身に成長して、この人生を歩んでいきたい。

 

人間を大切にする人間主義に基づいて、それは偏狭な人間中心主義ではなく、

 

あまりにも軽視されてきた人の心を大切にするという事です。

 

目の前の一人を大切にできずして、いったい何の意味があるのか?

 

誰にでも人を想うやさしい心はあるはずです。

 

その心を信じて、また、その心を裏切らずに、大きな心で包んでゆけるようにどこまでも自身の可能性を信じて、向上していきたいものです。

 

温かい手を差し伸べていきたい。

 

まごころが通じるようにと祈りながら。

 

驕ることなく、謙虚になって、どこまでも誠実を貫いていきたい。

 

誠実は、人生にとって貴重な宝だと思うから。

 

その宝を生涯大切にしていきたいもの。

 

常に感謝の心を忘れずに。

 

思いやりの心遣いで、接していきたいものです。

 

そうする事で、自身の心も癒し、大切にする事にも通じると思います。

 

大きな心に自己成長して。

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F2809%2F33837635140_a9356edcb7_c.jpg&s=d137903609a82747304916bcd3f6b570

関連記事

  1. 誰もが辿るプロセス
  2. 何を信じるか
  3. いいことをしていると他人は応えてくれる
  4. 優しさとは?
  5. 主張の強い者は他人の感情を粗末に扱う
  6. 距離感に気をつけよう
  7. 人生は不平等だが光も差し込んでいる
  8. 1人の優れた人間は10000人の凡人よりも優れた実績を上げる
PAGE TOP