レジャー

名人戦において、マスク不着用で反則負け

 

 

名人戦の4回戦において、マスク不着用による反則負けを言い渡されました。将棋界においては、初めての出来事です。

 

 将棋界のルールにおいて、マスク着用ルールを設定

 

2022年の2月から、マスク着用のルールは厳格されました。マスク着用ルールに違反した場合には、反則負けにするというものも含まれました。

 

反則負けを明記したのは、着用を促すだけでは弱いと判断されたからでしょう。厳しくすることによって、マスク着用を義務化していました。

 

 佐藤九段は1時間くらいにわたって、マスクを着けていなかった

 

佐藤九段は長期時間にわたって、マスクをしていませんでした。そのこともあって、対戦者から反則ではないかという提案をなされました。協議の結果、佐藤九段は反則負けとなりました。

 

将棋の視聴者として、対戦しているところを30秒ほど見ました。佐藤九段はマスクをしておらず、マスクをしなくてもいいのかなと思っていました。(将棋界はノーマスクOKになったと思っていた)

 

 反則負けについてはいろいろな物議を醸している

 

ネットではさまざまな書き込みをなされており、あまりにも厳しすぎる、ルールを守らなかったので当然といった意見がありました。ネットに書き込んでいる人は、率直な意見を出している印象です。

 

 最後に

 

マスク不着の不戦敗は初めて知りました。それゆえに、衝撃は非常に大きかったです。

 

 

文章:陰と陽

 

画像引用元 https://visualhunt.com/f7/photo/50640330533/7facd94c1d/

 

関連記事

  1. 甲子園へ向けてのリスタート
  2. 相撲の十両、幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年9月21日の…
  3. 【サッカー】伝説の選手、サミュエル・エトー
  4. 東京マラソンに72000人の観客が集まった
  5. 京阪電車が9月25日に大胆なダイヤ改正を行う
  6. クライマックスシリーズの是非を問う
  7. 【欧州CL】決勝のカードが決まる
  8. 大相撲の阿炎が引退届を提出
PAGE TOP