サスペンス・ホラー

怖い話『濡れた足あと』

 

「ただいまー」と帰宅すると奥の台所から母親の声で、

「お風呂沸いたから、入りなさい」

まだ夕方にもなっていないのに、変だと思いながらも、夏場で汗をかいていたわたしは言われるまま、風呂場に向かった。

床に濡れた足痕が点々と続いていた。

「お母さん、ちゃんと足拭きなよ。床びしょびしょだよ」

などと文句を言いながら、衣服を脱ぎシャワーで汗を流して、いざ湯船に入ろうとすると水だった。

風呂場を出た。

「お母さん、お風呂、水じゃん」とさっき声がした台所へ向かった。

しかし、そこには誰もいなかった。

台所どころか、家のどこにも誰もいなかった。

そこに丁度、母が買い物から帰ってきた。おろおろしているわたしを見て言った。

「あんた、昼間から裸で何やってるの!?」

  

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/8522172426/363a35eb6e/

 

 

関連記事

  1. 創作『天上からの密かな企み』
  2. 怖い話『ごめんね』
  3. 怖い話『お母さんがいない』
  4. 怖い話『夜のジョギング』
  5. 怖い話『ジロジロ見るんじゃないの!』
  6. 怖い話『お迎えにあがりました』
  7. 怖い話『バタバタバタ』
  8. 怖い話『ごめんなさい』
PAGE TOP