コラム

映画『ブレードランナー』をご紹介

 出典:(C) 2008 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved.

 

1982年製作、製作国アメリカ・香港、監督 リドリー・スコット、SF映画です。

 

1982年7月3日に日本では公開されました。

 

7つの異なるバージョンが存在します。

 

あらすじ

 

21世紀初め、タイレル社は、レプリカントと呼ばれるロボットに代わる人造人間を作ります。

 

宇宙開拓での過酷な奴隷労働や戦闘に従事させられていました。

 

そして、彼らには、製造から数年経つと感情が芽生え、人間に反乱するという事で、最新の「ネクサス6型」には、4年という寿命年限が設けられていました。

 

地球へ脱走した彼らは、危険視され、警察の専任捜査官「ブレードランナー」によって抹殺されようとします。

 

彼らは、レプリカントの開発者であるタイレル博士に、寿命を延ばすよう迫りますが、うまくいきません。

 

みどころ

 

「ブレードランナー」との戦いで、誰にでも寿命があることを悟り、命の尊さを知ります。

 

生き物には、長い短いの違いがあっても、その寿命は限られていると。

 

最後に

 

私自身その一生を大切にしていきたいと思わせる哲学的な内容で、感動いたしました。

 

是非、ご覧下さい。お薦めします。

 

文章:シャーペン

 

関連記事

  1. 短編小説 : 『縮まらない距離』
  2. 創作的2024年の抱負?
  3. 頭が回らない時
  4. 『まんがタイムきららフォワード』を読み続けて思うこと
  5. タクシーの年齢条件変更について
  6. 瀬木 比呂志『絶望の裁判所』講談社現代新書
  7. あなたはよく道を訊かれますか?
  8. 気運に水を差したかないものの
PAGE TOP