人生

第六天の魔王

 

生命と宇宙の大法則を解き明かした仏法です。

 

仏典に、

「善と悪とは無始よりの左右の法なり(中略)元品の法性は梵天•帝釈等と顕われ元品の無明は第六天の魔王と顕われたり」とあります。

 

生命には、本来そういうものが、もともと具わっています。

 

不幸の根源である元品の無明が、第六天の魔王として顕われるのです。

 

仏法ではそう説きます。

 

「無明」とは、根本の煩悩の一つで、生命にそなわる根源的な無知。特に自らをはじめ万物が妙法の当体であることがわからない、最も根源的な無知を「元品の無明」といいます。

 

仏典に、

「この世界は第六天の魔王の所領なり。一切衆生は、無始已来、彼の魔王の眷属なり。」とあります。

 

「われわれの住む娑婆世界は、第六天の魔王の所領である。一切衆生は無始已来、第六天の魔王の眷属である。」という意味です。

 

その魔は、あらゆる姿を現じて顕われてくる。

 

仏典に、

「第五の巻にいわく『行解既に勤めぬれば、三障四魔、紛然として競い起こる。乃至随うべからず、畏るべからず。これに随えば、まさに人をして悪道に向かわしむ。これを畏れば、正法を修することを妨ぐ』等云云。」とあります。

 

外からは、人によって妨害されたり。例えば、悪口罵詈されたり。逆に甘く語らい、その人に、信仰を辞めさせたりするのです。

 

また、内からは、疑いや、不安などや、やる気をなくさせたり。

また欲望などによって、信仰をさせないように働きかけたりと、いろいろな形で顕われます。

 

それに従っても、恐れてもならないと、仰せなのです。

 

それを打ち破るには、

 

仏典に、

「元品の無明を対治する利剣は信の一字なり」とある様に、

 

私自身、純心にして強盛な信仰心しかないと思っております。

 

また、それぞれ人によって信じるものがあると思います。

 

自身を信じたり、科学を信じたり、親を信じたりと。

 

自他共の幸福のために、それぞれが、自身にとって一番大切な信念を貫いていきたいものですね。

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F3741%2F12097298506_27eba19211_c.jpg&s=69662483660139e86d6fb9785baffdc2

関連記事

  1. 人の痛みのわかる人に
  2. 笑顔は大事
  3. 刺激が必要
  4. 愚痴をいわない人と親しくなりたい
  5. 交際、結婚に向かないタイプ:13の特徴
  6. ポエムのお知らせとご報告と感謝を伝えます!
  7. 【夢の種類と意味】№2
  8. 【恋愛関係コラム】あなたにも大切な人はいますか?
PAGE TOP