健康

怪我、病気をしないことが人生で一番大切

 

人生においていちばん大切なことは、怪我、病気をしないことだと思っています。どうしてそう思うのかを書いていきます。

 

 一度の怪我、病気で人生を棒に振ることもある

 

160キロのボールを投げられたとしても、1度の大怪我で野球人生を棒に振ることもあります。大怪我というのは、人生に大きな負の遺産となります。

 

健康な生活送っていた人が、くも膜下出血で倒れたとします。70パーセントくらいは、死亡もしくは再起不能に陥ります。奇跡的に日常生活を送れたとしても、どこかで後遺症に苦しむことになるでしょう。

 

 人生を狂わせる怪我、病気にかかりそうなら仕事をやめる勇気も必要

 

生活のことを考えるあまり、退職を後回しにする人は多いです。個人としては、生活に困ることになったとしても、怪我、病気を防いだ方がいいです。健康な心身でいることができれば、どこかの会社に勤めることはできるでしょう。退職=未来への可能性を残すことにつながります。

 

重病にかかってしまうと、就職は絶望的になります。人生を狂わせるくらいなら、仕事を辞めてしまった方がいいです。

 

 最後に

 

身体と心が元気なら、やり直しはいくらでも聞きます。調子の悪化を感じたら、すぐに退職、休職するようにしましょう。一時的に損をすることはあっても、最終的にはメリットが大きいです。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/38844707464/43edc705b7/

関連記事

  1. アレルギーの患者が増加している.
  2. 112歳まで生きるということ
  3. 無添加の飲むヨーグルトは甘くない
  4. コロナウイルスは、人から犬へ伝染するのか?
  5. 医者が受けない『バリウム胃がんX線検査』 – それで…
  6. 男性の高齢者は幸せを感じにくい?
  7. 家は大きい方が良い ─ 建坪的な意味では無く機能的な意味で。それ…
  8. ストレス社会を乗り切る術を見つけよう
PAGE TOP