健康

怪我、病気をしないことが人生で一番大切

 

人生においていちばん大切なことは、怪我、病気をしないことだと思っています。どうしてそう思うのかを書いていきます。

 

 一度の怪我、病気で人生を棒に振ることもある

 

160キロのボールを投げられたとしても、1度の大怪我で野球人生を棒に振ることもあります。大怪我というのは、人生に大きな負の遺産となります。

 

健康な生活送っていた人が、くも膜下出血で倒れたとします。70パーセントくらいは、死亡もしくは再起不能に陥ります。奇跡的に日常生活を送れたとしても、どこかで後遺症に苦しむことになるでしょう。

 

 人生を狂わせる怪我、病気にかかりそうなら仕事をやめる勇気も必要

 

生活のことを考えるあまり、退職を後回しにする人は多いです。個人としては、生活に困ることになったとしても、怪我、病気を防いだ方がいいです。健康な心身でいることができれば、どこかの会社に勤めることはできるでしょう。退職=未来への可能性を残すことにつながります。

 

重病にかかってしまうと、就職は絶望的になります。人生を狂わせるくらいなら、仕事を辞めてしまった方がいいです。

 

 最後に

 

身体と心が元気なら、やり直しはいくらでも聞きます。調子の悪化を感じたら、すぐに退職、休職するようにしましょう。一時的に損をすることはあっても、最終的にはメリットが大きいです。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/38844707464/43edc705b7/

関連記事

  1. 梅ポリフェノールが新型コロナに対して阻害作用を持つ
  2. 精神安定剤の服薬をやめよう
  3. より良い睡眠のために
  4. リーゼを減薬してみた
  5. 男性にも更年期障害がある
  6. 最近良く聞く言葉、「ソーシャルディスタンス」とは?
  7. 完全禁煙を望む非喫煙者
  8. 【お正月太りにも効果あり?】オススメ食事健康法!

おすすめ記事

巣立ち工房

社会参加、社会貢献を行うための就労の場の提供と支援を行う。…

しあわせさまさま

エヌ・クラップ

通所による日中活動を行うとともに働くことを通して、地域生活を送る上での相談・調整などを図り、地域社会…

陽だまりのCoCo

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

ぬくもり弁当

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対し…

新着記事

PAGE TOP