コラム

映画『裏窓』をご紹介

出典:(c) 1954 Samuel Taylor and Patricia Hitchcock O’Connell. Copyright Renewed. All Rights Reserved.

 

1954年製作、製作国アメリカ、監督アルフレッド・ヒッチコック、サスペンス映画です。

 

1955年1月29日に日本では公開されました。

 

後にモナコ公国の公妃になる、気品に満ちた美人女優であるグレース・ケリーが、出演していた作品です。

 

あらすじ

 

足を骨折して暇を持て余して車椅子で生活していたカメラマンの「ジェフ」(ジェームズ・スチュワート)は、自身の部屋の窓から見える他のアパートの住人たちを観察していた時に、ある不審なことに気づいてしまう。

 

彼の恋人である「リザ」(グレース・ケリー)と通いの看護師の「ステラ」(セルマ・リッター)の協力で、殺人という事実を突き止めるが、どうなってしまうのか?

 

 

みどころ

 

やはり、美人女優である「リザ」(グレース・ケリー)の美しさとハラハラドキドキの展開でしょう。

 

最後に

 

グレース・ケリーが、1982年に脳梗塞で自動車事故を起こして52歳で亡くなられたのは、痛ましい限りですが、若かりし輝いていた頃の演技が観られるのは、有り難いことですよね。

 

文章:シャーペン

 

関連記事

  1. 補修が必要
  2. 前野隆司著『実践ポジティブ心理学』のまとめ【第五回】
  3. 黄金の血液を持つ人もいる
  4. エッセイ:『遠ざかる記憶』
  5. 小説:『彼女との約束(7)』
  6. 瀬木 比呂志『絶望の裁判所』講談社現代新書
  7. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 上』
  8. 映画『階段通りの人々』をご紹介!
PAGE TOP