詩・ポエム

詩:『言葉への気遣い』

 

「言葉への気遣いは、

 

人間としての配慮の深さにほかならない」

 

とある人は言った。

 

一言によって

 

人は傷つくこともあれば、

 

悩むこともあります。

 

逆に、

励ましの言葉によって、

 

生きる勇気をもらったり、

 

心が軽くなったりすることもあります。

 

強くなることも必要です。

 

けれど、

 

人の内面は脆くて傷つきやすい面があることも否めない。

 

だからこそ

 

人間としての配慮を、

 

忘れずにいたい。

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F7159%2F6693656691_7622ed7449_c.jpg&s=3b9c33630e40983d86b0fd838e2631e3

関連記事

  1. 『大量の薬』
  2. 『新しい環境』―全ての感情をそのまま受け入れよう―
  3. 詩:『いいことはある』
  4. 『昔の思い出』―昔の思い出が勇気をくれる―
  5. 『君は僕』
  6. 『パズル』
  7. 散文詩:『タンポポの唄』
  8. 『人によって…』―人生そんな事ばかりしていたら損します―
PAGE TOP