詩・ポエム

詩:『言葉への気遣い』

 

「言葉への気遣いは、

 

人間としての配慮の深さにほかならない」

 

とある人は言った。

 

一言によって

 

人は傷つくこともあれば、

 

悩むこともあります。

 

逆に、

励ましの言葉によって、

 

生きる勇気をもらったり、

 

心が軽くなったりすることもあります。

 

強くなることも必要です。

 

けれど、

 

人の内面は脆くて傷つきやすい面があることも否めない。

 

だからこそ

 

人間としての配慮を、

 

忘れずにいたい。

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F7159%2F6693656691_7622ed7449_c.jpg&s=3b9c33630e40983d86b0fd838e2631e3

関連記事

  1. 『悩みがない人…』
  2. 『奇跡を信じますか?』―信じるだけ奇跡は必ず起きる―
  3. 『あの幸せの時代』―こんな世界壊れちゃえばいいのに―
  4. 詩:『名もない日々』
  5. 『リセット…』
  6. 散文詩:『プラスチックの貨幣』
  7. 『限られた人生の中…』
  8. 『きっと変われるよ』

おすすめ記事

ショートショート『大きな世界に飛び込むのを応援する彼女』

 達也は物心ついたとき時から、絵を描くのが大好きだった。 他人にはなかなかいえな…

北九州視覚障害者就労支援センターあいず

事業所は、障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。就労…

エッセイ:『Dad’s complaints(おじさんのボヤキ)』

イライラすることが多いおおむね人間関係によるところが多いのだががんばってもし…

就労定着支援事業所 シンフォニー

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性その他の事…

障碍者、健常者の苦しみは異なる

 障碍者は目に見える形で苦労し、健常者は形に現れないところで苦しんでいる。&nb…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP