コラム

エッセイ:『マーさんのこと』

 

むかし、マーさんという人がいた。

若いころから事業を起こしては失敗を繰り返していた。

 

昔の事である。事業といっても、金魚屋とか一杯飲み屋とか、素朴な商店である。

儲かるぞ、という話に乗って次から次へと始めてみるのだが、これがいかんせん上手くいかない。

 

手当たり次第に店を出すだけで、これといった事業計画は作っていなかったと思われる。

お金だけ出さされて騙されたこともあったようだ。

 

何をやっても上手くいかなかったので、見るに見かねた親戚のおじさんが、所有するアパートの管理人として雇ってくれることになった。

 

しかし、これがいけなかった。マーさんはそこの家賃をちょろまかしてしまったのだ。

横領したお金で自分の家まで建ててしまったという。

 

そのあとどうやら裁判沙汰になってようだが、ほとんどお金は戻ってこなかったようである。

 

マーさんが亡くなってだいぶ経つ。いろいろと考えさせられる。

失敗や挫折を繰り返し落ちぶれたために悪事を働いて良い目を見ようとする。

ほんとうは失敗から学んで成功の糧にすればいいのだけれど、それはむずかしかったということだろうか。

 

コツコツと努力するのが一番だと思うが、それでは上手く行かないことも多い。

出来合いの仕組みのなかで精を出しても、他人にうまく利用されるだけ、ということもある。

 

うまくいくのは、意識に行動がともない、行動に意識がともなうようなケースじゃないだろうか。

 

だいたい皆、意識家であるか行動家であるか、どちらかだ。

 

意識がふくらんでそこに行動がともなわない、ということはよくある。

意識家のほうが数が多いと思う。なによりわたしがそうである。

まず行動せよ、と説かれることが多いのは、そういったケースが多いことを物語っている。

 

マーさんの場合は逆で、とにかく行動はする。だが、そこであまり考えないのが良くなかったのだ。やみくもに動いてもダメで、よくよく考える必要がある。

 

考えることと行動することが、ともに高いレベルで一致したときに、ひとは成果を上げられるのではないだろうか。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/5816680566/fc06f4992e/

 

関連記事

  1. 孤独は孤毒である
  2. 小説:『自分の道(1)』
  3. 菅野仁『友だち幻想  人と人の〈つながり〉を考える』ちくまプリマ…
  4. 欲しくなる心理のスキをつかれること
  5. 小さな煩い 大きな煩い
  6. 木下武男『労働組合とは何か』岩波新書
  7. オースター『最後の物たちの国で』のご紹介
  8. エッセイ:『ある愚考のひとつのかたち』

おすすめ記事

みかげ 

・利用者の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立ったサービスの提供に努める。 ・地域との結びつ…

ふれあい工房

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供 するとともに、生産活動…

LITALICOワークスさいたま浦和

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

なないろ

障がい者(児)に対して、地域社会での自立を実現するための支援に関する事業を行い、もって社会福祉に寄与…

相談支援室こぐまさん

(事業の目的) 指定地域相談支援の円滑な運営管理を図るとともに、利用者、障害児及び障害児の保護者の意…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP