サスペンス・ホラー

怖い話『早く見つけてよ』

 

ある日公園で、その場にいた子供たちでオニゴッコをすることになった。

メンバーは5人、見つけられた人もオニになって他者を捕まえにいく、いわゆる地域ルール。

普段は遊ばない、顔を見知っている程度の子もいる。

そんな中でオニゴッコがはじまった。

 

公園横の古い木造アパートの前を通りかかると、上の方から

「早く見つけてよ」

と声がした。

見上げるとガラス窓の人影が奥に引っ込んでいった。

 

わたしはその中に入ろうと玄関口に向かった。

そこは、誰も侵入できないよう、扉に板が打ち付けられて封鎖されていた。

裏に非常階段に回り込んでみると、そこも有刺鉄線が張り巡らされて入るのは無理だ。

『さっきの子、どうやって入ったんだ?』

とその場で右往左往しているところに、

「おーい」と呼ばれた。

公園に戻って見ると、そこにみんな集まっていた。

 

あのアパートにいたのは誰で、どうやってそこに入ったのだろう?

そもそも生きている人だったのだろうか?

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://farm8.static.flickr.com/7864/47234266122_65f40584bf_c.jpg

 

関連記事

  1. 怖い話『取りに来て』
  2. 怖い話『押し入れにいたもの』
  3. 怖い話『おまえの母ちゃん・・・』
  4. 怖い話『床に寝そべる子供』
  5. 怖い話『眠る男』
  6. 怖い話『水浸しの郵便受け』
  7. 怖い話『真夏のサンタクロース』
  8. 怖い話『古い写真』

おすすめ記事

元気館障害者デイサービスセンター 

・関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつきめの細かな相談支援サービスを提供する。…

就労支援センター「緑の里」

日中活動の提供 就労のため支援  就労のため支援 一円でも多い工賃の支給…

QUO

過労死を防ぐために

 半年間で休みを4日間しか与えられず過労死したとして、元従業員の遺族が弁当会社を提訴…

友愛之郷 

1.利用者の意志及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立ったサービスの提供に努めます。 2.地域との…

新着記事

PAGE TOP