詩・ポエム

詩:『揺れる』

 

揺れた気がする

地震かと思って速報を待ったが

地震のニュースはない

ぐらっときたのだが

揺れていたのはどうも自分だった

 

部屋で横になっているとき

机の前で座っているとき

たまに揺れる

めまいの類だろうか

しかし倒れこむほどではない

 

揺れて揺れて仰向けになるとまた揺れて

天井が回る目が回る

吐き気を催す時

立ち上がってトイレに行けるだろうか

それが心配

 

揺れて回り

どこへ落ちていくのだろう

床に沈み込み隙間を抜けて

ぽたりぽたりと

滴り落ちる

 

溶けた流れは

排水溝へ辿り着けぬまま

乾いてこびりつき

染みになって

取れなくなる

 

 

文章:drachan

 

画像提供元 https://www.pexels.com/ja-jp/photo/689326/

関連記事

  1. 『裏切り』
  2. 『若いからって…』―若くてもって言葉が心を追い込む―
  3. 『前を向きたい』
  4. 詩:『しんどいということは』
  5. 『波があって当然!』―人生山あり谷あり―
  6. 『どうして……』
  7. 『一度裏切られると…』
  8. 『日々の生活』―自由の生活が出来るのはありがたいことなんだよ―
PAGE TOP