詩・ポエム

詩:『揺れる』

 

揺れた気がする

地震かと思って速報を待ったが

地震のニュースはない

ぐらっときたのだが

揺れていたのはどうも自分だった

 

部屋で横になっているとき

机の前で座っているとき

たまに揺れる

めまいの類だろうか

しかし倒れこむほどではない

 

揺れて揺れて仰向けになるとまた揺れて

天井が回る目が回る

吐き気を催す時

立ち上がってトイレに行けるだろうか

それが心配

 

揺れて回り

どこへ落ちていくのだろう

床に沈み込み隙間を抜けて

ぽたりぽたりと

滴り落ちる

 

溶けた流れは

排水溝へ辿り着けぬまま

乾いてこびりつき

染みになって

取れなくなる

 

 

文章:drachan

 

画像提供元 https://www.pexels.com/ja-jp/photo/689326/

関連記事

  1. 『後悔するなら…』―言って後悔するなら言わない方がいいー
  2. 【私の当たり前】
  3. 『重さ』―重さを半々に出来たらいいなー
  4. 優しい雨
  5. 『若いからって…』―若くてもって言葉が心を追い込む―
  6. 『七色』
  7. 『暖かな…』―4月新年度になるー
  8. 『100の人生』―辛い事も楽しい事も全て+しての人生―

おすすめ記事

リーズン

○ 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するととも…

怖い話『ジロジロ見るんじゃないの!』

そのお爺さんを初めて見たのは、わたしが幼い頃の真夏のある日、母の買い物に付いて行った…

スワン 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支…

メルシーケア・小阪

身体・知的・精神・発達障がい等のさまざまな障がいや生活していくうえでの困りごとをご利用者様と一緒に問…

グローバルワークス

1) 生活の自律:働くこと・収入を得ることを自律の基本として、生きがいを感じられる支援を致します。 …

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP