詩・ポエム

詩:『揺れる』

 

揺れた気がする

地震かと思って速報を待ったが

地震のニュースはない

ぐらっときたのだが

揺れていたのはどうも自分だった

 

部屋で横になっているとき

机の前で座っているとき

たまに揺れる

めまいの類だろうか

しかし倒れこむほどではない

 

揺れて揺れて仰向けになるとまた揺れて

天井が回る目が回る

吐き気を催す時

立ち上がってトイレに行けるだろうか

それが心配

 

揺れて回り

どこへ落ちていくのだろう

床に沈み込み隙間を抜けて

ぽたりぽたりと

滴り落ちる

 

溶けた流れは

排水溝へ辿り着けぬまま

乾いてこびりつき

染みになって

取れなくなる

 

 

文章:drachan

 

画像提供元 https://www.pexels.com/ja-jp/photo/689326/

関連記事

  1. 『自分だけは…』―自分自身だけは信じてあげて―
  2. 『意見の…』―その後の行動で人間性が決ってしまう―
  3. 詩:『道を究める』
  4. 【べっちょない】
  5. 詩『雑草のように生きよう』
  6. 『受け止める』―君を支え続ける、一生をかけて―
  7. 【人の数だけ】
  8. 『いつだって…』

おすすめ記事

社会就労センター 日向共働社都農事業所

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

NPO法人 ふきのとう

事業者(事業所を運営する者。以下同じ。)は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよ…

ひまわりの郷

当施設では、障がいのある方々が働きながら社会で自立した生活が送れるように、それぞれの能力に応じた支援…

甲斐の木

1 A型計画(以下、「個別支援計画」という。)に基づき、利用者の心身の状況等に応じて、その者の支援を…

ヘルパーステーション赤羽

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP