人生

自分の心の中にある「悪の生命」

 

人には愛するという心と憎むという心が同居しています。

 

善の心と悪の心です。

 

極悪の提婆達多にも善の心である仏界が具わっています。

 

それは十界互具の法理に裏付けされています。

 

生命には十界が具わっており、その十界それぞれに十界が具わっているのです。

 

これが十界互具という法理です。

 

十界とは、地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人界、天界、声聞界、縁覚界、菩薩界、仏界です。

 

そのそれぞれの界に、また十界が具わっているという事です。

 

これは、一つの界に縛られているのではなく、地獄の衆生にも、菩薩などに変われるという事です。

 

たとえ地獄界にあろうとも、仏界を現せるという事です。

 

これほど希望に満ちた法理はありません。

 

しかし人には極悪の命も具わっているのです。

 

だからこそ、人を善にしていく行動が要請されているのです。

この世の不幸をなくすために。

 

人は、一人で生きているのではありません。

 

人は、社会で生きているのです。

 

犯罪を犯す人は、悪いのは当然ですが、それは、そういう人を作ってしまった社会にも思いを馳せなければならないと思うのです。

 

もっと、その犯罪を犯してしまった人を、犯罪に走らせる前に何かできなかったのかと。

 

その社会の病理であると言えば、言い過ぎでしょうか?

 

一人一人が、もっとお互いを思いやることが必要ではないかと思うのです。

 

それには命を浄化するしか方法はありません。

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F6233%2F6358034443_920bb0df01_c.jpg&s=9cf9e04ad4eefa4dd5a04820ecd6c794

関連記事

  1. 遺産相続で、もめないために
  2. 年を重ねることによって他人の見え方が異なる
  3. イマジネーション力
  4. 自分の人生の主人公は自分
  5. 自己をありのままに受け入れよう、そして「他者信頼」、「他者貢献」…
  6. いいことをしていると他人は応えてくれる
  7. 正論よりも生きたいように生きる
  8. 他人に好かれる努力をしなくてもいい

おすすめ記事

ふらーぷ 

赤城野荘障害者相談支援事業所(前橋市障害者生活支援センター)

相談支援を利用する障害者(児)が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の身体の状…

真珠園

社会生活を豊かにする物づくりを基本としたうえで、自分を愛し、他人を思いやる、慈愛の精神を育み心豊かな…

相談支援事業所 地域活動支援センター くじら

地域で生活する障害者および家族の日常生活への支援や生活相談への対応、さらには、地域の関係機関や団体と…

就労支援センターフォルツァ

私たちはひとりひとりの「働く力」「生活する力」を育み、就労や社会につなげることを目指します。…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP