コラム

黄金の血液を持つ人もいる

 黄金の血液と呼ばれている「Rh Null」を持つ人もいる

 

 世界には黄金の血液と呼ばれる、「Rh Null」を持っている人がいます。数は非常に少なく、43人しか確認されていません。世界の人口は60億人なので、1億人に1人未満ということになります。

 

 黄金の血液は、どんな人にも輸血できる

 

 通常の輸血は制限があるのに対し、黄金の血液はどんな人にも、輸血することができます。すべての人を救える可能性のある、血液を持っていることになります。それゆえ、希少価値は非常に高いです。

 

 黄金の血液を持っている当人は、輸血を受けるのは難しい

 

 黄金の血液を持っている人は、黄金の血液だけを輸血できます。他の血液を入れられないため、輸血は非常に厳しいです。

 

 人を助けられるのに、自分は助けることができません。怪我一つで致命傷になりかねないという、危険性をはらんでいます。

 

 最後に

 

 発見されていないだけで、「Rh Null」を持っている人が、存在する可能性は残されています。あなたもその一人かもしれません。

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/4804094851/9c04a06dc8/

関連記事

  1. 不安を減らす方法
  2. ~ペットロス症候群を考える~
  3. 吉田徹『アフター・リベラル』講談社現代新書
  4. ショートショート『自業自得が招いた不幸の連続』
  5. 鳩を轢き殺した男が逮捕された
  6. 仕事を頑張るためには、セルフケアが大事
  7. 笑っていますか?
  8. 続・懸賞小説の話
PAGE TOP