コラム

ショートショート:『うさんくさい男』

 

インターホンが鳴った。

 

ドアホンの画面を見ると、伊勢丹の紙袋のようなチェック柄のスーツを着た男が立っていた。

見るからにうさんくさい。

 

「**荘をお持ちじゃないですかぁ」

と満面の笑みで話してくる。

**荘を所有しているのは親戚で、うちではない。何かしら情報を間違って得たのだろう。

売却を勧めに来た不動産屋かと思った。

 

「いや、うちじゃないですね」

親戚のことは伏せておいた。

 

その場は追い返したものの、その後なんどもそのセールスマンはやってきた。

 

「お墓のご準備はいかがですかぁ」「外壁の塗装がはがれてますね」などなど、

その時ごとに売るものが違う。いったい何なんだと訝った。

 

いろんな業者が外注した営業を一手に請け負う会社なのか。

そんなものがあるというのか。

 

その後ピタッと来なくなったと思ったら、その男がテレビで漫才をしていた。

伊勢丹の紙袋のようなスーツを着て。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/5067641120/87fc7fd47b/

 

関連記事

  1. コラム:『M君のこと』
  2. 映画『ナッシングトゥルーズ』のご紹介
  3. 小説:『自分の道(8)』
  4. ショートショート『休日のひとときをゆっくりと過ごす』
  5. 映画『草原の実験』のご紹介
  6. 不安を減らす方法
  7. 小説:『自分の道(4)』
  8. 子供の頃の夢

おすすめ記事

特定非営利活動法人 焼津育成の会 野いちご

相談支援事業所 ヴィーヴルきたあきた

利用者のもつ能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉…

『七色』

人には…それぞれ…七色の色を持っている。…

ヘレン

指定就労継続支援B型の事業は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、通常の事…

かすたねっと桜台

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP