詩・ポエム

詩:『常に勉強』

 

常に新たに、

 

よどまずに。

 

水の流れるように生きていきたい。

 

何事も新鮮さが命だ。

 

マンネリにならずに、

 

日々刷新して。

 

そのためには常に勉強が必要だ。

 

貪欲に学んでいきたい。

 

自分にとってプラスになることを。

 

「怠ることなく努めよ」との言葉を忘れることなく。

 

日々、自己研鑽していきたい。

 

物心両面にわたって豊かな生活をするために。

 

生きがいのある充実した人生を送るために。

 

自分の生活を良くするために。

 

そのための努力を惜しむまい。

 

そのためには堅実な生活をすることも大事だ。

 

自分を律することも。

 

誰に対しても誠実に、

 

勿論自分に対しても。

 

そして、

 

存分に学べることに感謝したい。

 

そして、

 

学んだことを社会に還元して。

 

それが、

 

せめてもの社会への恩返しだ。

 

責任ある一人の人間として。

 

社会の一員として。

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F5095%2F5420839151_10456c97e8_c.jpg&s=d6a1a3a4481298c17b624c39e9af7004

関連記事

  1. 『一生前には進めない』―変わりたいと思わなきゃ変われない―
  2. 『時が経つのは早い』
  3. 『さくら』―変わらない日常が一番いい日なのかも―
  4. 『意見の…』―その後の行動で人間性が決ってしまう―
  5. 『障害者であっても…』―障害を理由に逃げたくない―
  6. 詩:『人間的成長を』
  7. 『裏切り』
  8. 『そんな思いしか…』―本当にかわいそうな人間と思ってしまうよ―
PAGE TOP