就労

自分のできる仕事を探すことが大切である

 

 仕事をするにあたって、一番重要となるのは能力です。これがなければ、会社で認めてもらうことはできなくなります。

 仕事をするにあたって、成果を出せる職種を選択しましょう。

 

 Aはできても、Bはできるとはかぎらない

 

 タッチタイピングが非常に早く、1分間で700文字を打てるとします。タイピングのスキルについては、かなりのレベルといえるでしょう。

 

 タッチタイピングを得意とする人が、タイピングの仕事をしたとします。能力をいかすことができて、社会に貢献できる確率が高いです。

 

 タッチタイピングの早い人が、軽作業をしたとします。タッチタイピングをいかせないため、スキルをいかすのは難しくなります。

 

 タッチタイピングが早いからといって、軽作業に適しているとは限りません。軽作業においては、標準以下の能力ということもありえます。

 

 Aはできなくとも、Bは得意ということもある

 

 あることは苦手であったとしても、あることは得意ということもあります。そういう人は環境を変えることによって、評価を得られるようになるでしょう。

 

 仕事ができなければ、自己嫌悪に陥る

 

 できない人間というのは、会社で注意されることになります。それが続くことによって、負の感情を抱いてしまいます。

 

 最後に

 

 仕事をするときの評価は、パフォーマンスを出せるかにかかっています。自分の能力をきっちりと把握するようにつとめましょう。

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/52009664117/ce5fc421d3/

 

関連記事

  1. 能力の高すぎる人は、社内でいざこざを起こす確率が高い
  2. 転職を3回経験したから言えること(中)
  3. 発達障碍者に推奨される仕事
  4. テレワークで太る要因
  5. 仕事をすることと感謝されること
  6. 若い時には楽しい面があった会社
  7. 尊敬できる上司も多い
  8. 上司に根性論者が多い理由

おすすめ記事

恵愛センター

和白苑

社会福祉法人秀宝会が設置する和白苑(以下「事業所」という。)が実施する障害者総合支援法に基づく就労継…

ダイア磯子

利用者が長期に渡って働くことが出来るよう育成する…

ハローワールド大宮

むつみ工房

障害の程度や種別を問わず受入れ、障害のある人もない人も安心して住み慣れた街で暮らし続けられるよう努め…

新着記事

PAGE TOP