就労

自分のできる仕事を探すことが大切である

 

 仕事をするにあたって、一番重要となるのは能力です。これがなければ、会社で認めてもらうことはできなくなります。

 仕事をするにあたって、成果を出せる職種を選択しましょう。

 

 Aはできても、Bはできるとはかぎらない

 

 タッチタイピングが非常に早く、1分間で700文字を打てるとします。タイピングのスキルについては、かなりのレベルといえるでしょう。

 

 タッチタイピングを得意とする人が、タイピングの仕事をしたとします。能力をいかすことができて、社会に貢献できる確率が高いです。

 

 タッチタイピングの早い人が、軽作業をしたとします。タッチタイピングをいかせないため、スキルをいかすのは難しくなります。

 

 タッチタイピングが早いからといって、軽作業に適しているとは限りません。軽作業においては、標準以下の能力ということもありえます。

 

 Aはできなくとも、Bは得意ということもある

 

 あることは苦手であったとしても、あることは得意ということもあります。そういう人は環境を変えることによって、評価を得られるようになるでしょう。

 

 仕事ができなければ、自己嫌悪に陥る

 

 できない人間というのは、会社で注意されることになります。それが続くことによって、負の感情を抱いてしまいます。

 

 最後に

 

 仕事をするときの評価は、パフォーマンスを出せるかにかかっています。自分の能力をきっちりと把握するようにつとめましょう。

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/52009664117/ce5fc421d3/

 

関連記事

  1. 気持ちよく働ければ仕事は長続きする
  2. e-ラーニングで障碍者向けのプログラムを学べる
  3. 暇な仕事は得意ですか?
  4. ハローワークにサポーター(障碍者向け)が配置された
  5. 退職の決め手は社内の空気
  6. 会社の仕事には大きく分けて2種類ある
  7. テレワーク明けで体調不良になった男の体験談
  8. 就職氷河期世代に対する、政府の就職氷河期支援政策は手遅れ
PAGE TOP