旅・スポット

大阪の『中之島』の御堂筋より西側紹介

大阪の『中之島』の御堂筋より西側紹介

 

 中之島は大阪府大阪市北区にある中洲で堂島川と土佐堀川に挟まれています。東西に長くビジネス街や公共機関が立ち並び、古くからの建造物も多くあります。今回は御堂筋より西側を紹介していきます。

 

 御堂筋西側すぐに「日本銀行大阪支店旧館」があります。

 日本銀行大阪支店旧館は改築がされましたが、今でも建築当時の面影が強く残っています。旧館の中央屋根は円形ドームで両脇の三角屋根はガラスで出来ています。正面玄関は重厚な装飾のバロック調の建築様式で古典主義流れを汲んでいます。

 設計は辰野金吾。

 

 日本銀行大阪支店旧館から西に約800m進んだ所の堂島川側に「大阪中之島美術館」があります。

 大阪中之島美術館は19世紀後半から現代までの近現代美術や『佐伯祐三』作品や、大阪にゆかりのある美術品が展示されています。

 休館日は月曜で入館料は展覧会によって違います。

 場所は大阪府大阪市北区中之島4-3-1。

 

 大阪中之島美術館の南隣の土佐堀川側に「国立国際美術館」があります。

 設計はシーザー・ペリによるもので美術館としては完全地下型という珍しい特徴的な建築物です。国内外の現代芸術を中心に収蔵されています。休館日は月曜で入館料は大人430円、大学生130円、高校生・18歳未満・65歳以上無料です。

 場所は大阪府大阪市北区中之島4-2-55。

 

 国立国際美術館の西隣に「大阪市立科学館」があります。

 大阪市立科学館は昭和12年(1937)に開館した日本初の科学館「大阪市立電気科学館」が前身の科学館です。館内には電気科学館で日本において初めて使われたプラネタリウム『カールツァイスⅡ型プラネタリウム(静態保存)』や、東洋初のロボットといわれる『学天則』の復元品や鉱物・結晶・宝石の展示やサイエンスショーそしてプラネタリウム等が展示されています。

 休館日は月曜で入館料は展示場では大人400円、高校・大学生300円、中学生以下無料ですプラネタリウムでは大人600円、高校・大学生450円、3歳以上中学生以下300円です。

 場所は大阪府大阪市北区中之島4-2-1.

 

文章:北山南河

 

画像出典 https://foter.com/f7/photo/41667190531/3dd39cf5b6/

 

関連記事

関連記事

  1. 岡本太郎が作った「歓喜の鐘」がある名古屋『久国寺』
  2. 滋賀県琵琶湖の最北、JR『永原』駅とその周辺紹介
  3. 阪急神戸線『夙川駅』:周辺観光案内
  4. 阪急電鉄『池田駅』:周辺観光案内
  5. 城まで行かなくても楽しい:『JR・山陽姫路駅』周辺案内
  6. 神戸の地下商店街『メトロ神戸』紹介
  7. 名古屋『大須観音(北野山真福寺宝生院)』門前町:大須商店街界隈案…
  8. 【台湾事情】レシート宝くじについて
PAGE TOP