サスペンス・ホラー

怖い話『真夏のサンタクロース』

 

子供のころのこと。小学校低学年くらいだったと思います。

 

真夏の夜で、とても寝苦しく、嫌な夢から目が覚めました。

のどがカラカラで、階下に降りて水を飲もうと思いました。

 

真っ暗な階段をひっそりと降りていきます。

階段を下りたさき、右手に台所があるのですが、おりきったときに左手の玄関の方に何か気配を感じました。

気配というより、嫌な予感、とでもいったような感じでしょうか。

 

気にせず台所へと向かい、冷蔵庫から水のピッチャーを取り出して、がぶ飲みしました。

ひとごこちがついたわたしは、二階のベッドに戻ろうと思いました。

 

すると、台所を出た目の前、玄関のところに、何かがノッといます。

 

仰天しました。

サンタクロースがいたのです。

正確にはサンタクロースの恰好をした泥棒かなにかだったのでしょうか。

わたしは急いで父母のもとへと階段を駆け上がりました。

 

時間は夜の3時台。なんだなんだと両親は怒ります。

わたしは事情を説明し、両親を連れていきました。

 

しかし、さきほどサンタクロースがいた場所にはなにもいなかったのです。

「なにか夢でも見たんじゃないのか」

父はそういったあと、すぐに寝床に行ってしまいました。

 

悪い夢でも見たのでしょうか。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/51819532169/e5f440da91/

 

 

関連記事

  1. 怖い話『犬が追うもの』
  2. 怖い話『二階からの誘い』
  3. 怖い話『虫刺され』
  4. 怖い話『そうですって言っていたら・・・?』
  5. 怖い話『夢の中……。』
  6. 怖い話『釣り人』
  7. 怖い話『押し入れにいたもの』
  8. 怖い話『手伝ってくれた人』

おすすめ記事

障がい者サポートセンター のぞみの里

・利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう就労の機会を提供生産活動の機会の提供を…

ひまわりの家

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供すると共に通所により、生…

第2くるみ作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

相談支援センターケアコミ

福祉作業所スマイル工房

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動その…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP