生活

国立国会図書館を活用しよう

 

国立国会図書館が、2022年5月19日から個人向けデジタル化資料送信サービスを開始しました。

 

国立国会図書館のデジタル化資料のうち、絶版等の理由で入手が困難なものを、インターネットを通じてご自身の端末(パソコン、タブレット)等でご覧いただけるサービスです。

 

本登録には時間が少しかかりますが、印刷は出来ませんが、閲覧することが出来るので、興味のある方は、サービスを受けてみてはいかがでしょうか?

 

インターネットのデータ通信料はかかりますが、無料で閲覧できるのですから、このサービスを使わない手はないですね。

 

便利な世の中になったものです。

 

例えば、太宰治の「走れメロス」なんかもタダで読めます。

 

青空文庫というものもありますが、あちらは文章に間違いがある可能性も十分あるので、

 

こちらは、有名な出版社から発行されたものなので、あまり間違いは少ないでしょう。

 

気になる方は、一度登録してこのサービスを受けてみてはいかがでしょう。

 

何度も申しますが、絶版で手に入らないものが読めるので、お得ですので。

 

https://www.ndl.go.jp/

©国立国会図書館―National Diet Library

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F5309%2F5643947551_4cc383dfe0_c.jpg&s=5e1958af63a892bc8539a00120a17a44

関連記事

  1. うどんが冷凍で売られている理由
  2. 高等教育無償化は進学の役に立つか?
  3. ネコが食べてもよい野菜
  4. 狂犬病で年間55000人が死んでいる
  5. 余った牛乳、パンを持ち帰る
  6. 猫の種類によっては牛のミルクを飲ませない方がいい
  7. 女性は察してほしい生き物
  8. 繁華街へ行った際、入る飲み屋に迷った時のために
PAGE TOP