コラム

映画『LUCY ルーシー』をご紹介

出典:(C)2014 Universal Pictures

 

2014年製作、製作国フランス、アメリカ、監督リュック・ベッソン、サスペンス アクション SF映画です。

 

2014年8月29日に日本では公開されました。

 

 

あらすじ

 

ルーシーという女性が、マフィアの闇取引に巻き込まれ、ある薬のようなものを身体に埋め込まれてしまい、その物質が漏れ出した事によって普段10%ほどしか使われていない脳が覚醒されていき、

特殊な能力を持ってしまうというストーリーです。

 

 

みどころ

 

徐々に覚醒されていく脳の力で、今までできなかった事が、次々にとんでもない能力を持つことにより、不可能なことが実現でき、

 

もしかしたら自分にもこのルーシーのような能力がつくかもしれないと、思わず錯覚してしまう魅力ある作品になっています。

 

 

最後に

 

はたしてこの覚醒された脳の力は、100%覚醒されたなら、人間はどのようなことになってしまうのか、実際にこの映画をご覧になって、ご自分の目で確かめてください。

 

まだご覧になっていなければ。

 

お薦めです。

 

文章:シャーペン

 

関連記事

  1. エッセイ:『不思議な事』
  2. 小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(…
  3. 専門家の意見はいらない
  4. 常見陽平『僕たちはガンダムのジムである』日経ビジネス人文庫
  5. 窪 美澄 『やめるときも、すこやかなるときも』 集英社文庫
  6. 『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』【感想】
  7. 危険や罠の分類について
  8. ショートショート『高齢者施設に変化』
PAGE TOP