レジャー

【サッカー】日本代表、パラグアイ代表に4-1の快勝!

6月2日、ワールドカップに向けての強化試合、パラグアイ代表との国際親善マッチが行われました。

札幌ドームでの試合は、4-1と日本が圧倒的な勝利をおさめました。

 

代表初招集の伊藤洋輝選手は、前半は左SBを、後半はCBをつとめてアピールしました。

チャンスを見ての駆け上がりからの正確なフィード、左ウイングの三苫薫選手とのコンビネーションも良好で、初めての代表戦ながら一躍存在感を示しました。

 

ヨーロッパリーグを制した鎌田選手は、ゴール前での落ち着きが尋常ではなく、うまく身体を使ったプレーで高いボールキープ力を見せてくれました。

まさに別格の存在といえるでしょう。素晴らしいです。

 

熾烈なポジション争いが繰り広げられている右ウイングでこの日先発した堂安選手は本来的な力を発揮、鎌田選手との連携も良く、第一候補と目される伊東純也選手を脅かすことにも

なりそうです。

 

対戦相手のコンディションがどうなのかといったことも考えられはしますが、南米の国に対して快勝できたのは素晴らしい結果ではないでしょうか。

 

初招集の選手の活躍、様々なコンビネーションの確認ができたことなど、とても収穫の多かった試合だと思いました。

 

6月6日には、ブラジル戦があります。

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/7383472952/4f08c69c6c/

 

関連記事

  1. 虐待と騒ぎすぎると子育てをしたいと思う家庭は減少する
  2. 【サッカー】伝説の選手、パトリック・ヴィエラ
  3. 最低賃金は11年ぶりに据え置かれる確率が高い
  4. ラグビー日本代表のユニフォーム 本当は「単色」にしたかった!
  5. 里見女流四冠が棋王戦の本戦トーナメントに進出
  6. 年内にコロナワクチンの飲み薬ができるかもしれない
  7. 2020年7月からレジ袋有料化
  8. 西山朋佳女流三冠が奨励会を退会

おすすめ記事

就労支援センターひゅーまにあ軽井沢 

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつきめ細かな就労継続支援のサービスを提供します。…

モンスーン相談支援事業所

愛和社会復帰センター 就労継続支援B型サービス

就労継続支援B型 できる力を発揮して働くことを取り組みつつ、幅広いで生活の体験を行い充実した生活の場…

冬に使用する暖房器具の特徴

 部屋を暖める方法として電気ストーブ、エアコン、石油ストーブの3種類が用いられます。…

多機能型事業所あゆみ

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP