コラム

竹田青嗣著『現代思想の冒険』(ちくま学芸文庫)のご紹介

竹田青嗣著『現代思想の冒険』(ちくま学芸文庫)

 

難解な近現代思想を、とても分かりやすい文章で読み解いてくれる本書。

大変読みやすいので、哲学や思想の入門にぴったりです。

 

哲学の本を読み終わって、「結局どういうことが書かれていたのか」よくわからないということがよくありました。

それは、その著者がどういうことを目指して書いているのか、どういった時代の状況なり思想の状況があっての考えなのか、といったことがわからなかったからでした。

 

本書では、先駆者の業績をもとにして、その後をついだ思想家がどのようにそれを発展させていったのか、社会にとってどんな意味をもつのかといったことがよくわかるように書かれています。

 

本書の著者である竹田先生は、小難しい表現を使うことなく、わたしのような素人にも飲み込めるように導いていってくれます。

個人的には、ボードリヤールに関する部分で謎が解けたような感覚をおぼえたのが嬉しいことでした。

 

本書の出版年は80年代中ごろであり、その後の思想史については追えませんが、近現代の思想の流れをある程度の見通しをもってみることはできる点で、まだまだ価値は失われていない本だと思います。

 

 

文章:増何臍阿

関連記事

  1. エッセイ:『マーさんのこと』
  2. 『友がみな我よりえらく見える日は』(幻冬舎アウトロー文庫)のご紹…
  3. がんばるコンビニ
  4. 崎谷博征『今だから知るべき! ワクチンの真実 – 予…
  5. 副島隆彦『余剰の時代』ベスト新書
  6. できない人を頼ってはいけない
  7. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  8. ショートショート『夢の中の衝撃的な出来事』

おすすめ記事

希望更生センター

身体・知的・精神障害者で就労意欲を有する方に対し、作業指導を通して職業技能の訓練を行い、雇用を推進し…

カンナカンナ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

ワークセンターレインボウ

利用者の自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように支援する。…

ぽてとファーム障害者就労センター

身体その他の状況置かれている環境により、一般就労が困難なものに対して自立の支援と日常生活の充実に資す…

モリファームサービス

モリファームサービスにおいて実施する指定障害サービス事業の就労継続支援A型の適正な運営を確保するため…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP