レジャー

【サッカー】ヨーロッパのサッカーシーンあれこれ

 

プレミアリーグは、マンチェスターシティが最終節に逆転勝利し優勝を決めました。

 

リバプールも勝ちましたが、惜しくも優勝を逃しました。リバプールは今期カップ戦のタイトルを二つ獲得しており、またチャンピオンズリーグの決勝を控えています。史上初の四冠の可能性がありましたが、これで最大三冠の達成の可能性が残っています。

 

パリサンジェルマンはリーグアン(フランスリーグ)で優勝しました。が、サポーターは満足していないでしょう。

メッシやセルヒオ・ラモスなど大型補強をしながらチャンピオンズリーグ敗退の憂き目にあってしまったからです。

 

エースのエンバぺのレアルマドリード移籍が間近と言われていましたが、土壇場でパリ残留を決めました。破格の報酬と、強大な権限をもらうということです。

 

その「強大な権限」というのが気になるところなのです。

なんと監督を「きる」権利まである、「全権選手」なるものだという噂があるのです。

エンバぺはジダン監督を招くと言っているようですが、実現可能性は非常に乏しいと考えられます。選手の顔色をうかがわなければならない監督に、ジダンがなるでしょうか。

 

マドリードファンは、怒り狂っています。

 

ラ・リーガ優勝のレアルマドリード、5月29日にリバプールとのチャンピオンズリーグ決勝をひかえています。くしくもその舞台はパリ。なんとも皮肉な巡り合わせです。

 

日本人に関する話題にうつります。

 

鎌田大地選手長谷部誠選手が所属するドイツのフランクフルトが、ヨーロッパリーグを制しました。とてつもない快挙です。

久保建英選手が所属するマジョルカは、スペイン一部残留を決めました。最終節、久保選手はベンチを温めており、厳しい時期を過ごしています。もう一皮むけることを期待したいです。

ディフェンダーの富安選手は、プレミアリーグのアーセナルで完全に主力としてみなされています。怪我の状態が一刻も早くよくなってほしいです。

南野選手は絶好調の時期を迎えていますが、最強黄金時代となっているリバプールでなかなか出番を得られず、移籍するかどうかが注目されます。

 

六月に入ると国際マッチが数々行われます。11月のワールドカップに向けて各国が準備を進めます。ヨーロッパ予選や大陸間のプレーオフがあります。出場の可能性を残しているウクライナがどうなるか、世界中から注目を集めるでしょう。

 

5月29日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝をもって、ヨーロッパのサッカーシーンに一区切りがつくことになります。

まずはその一戦を楽しみに待ちましょう!

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/6896933019/c904df261b/

関連記事

  1. 高校野球の球数制限
  2. 大相撲における十両と幕下(上位)の違い
  3. 将棋棋士の橋本八段が現役引退
  4. 里見女流四冠が出場する棋王戦の本戦トーナメントの組み合わせが決定…
  5. 将棋の編入試験の制度が一部変更
  6. プロ野球で起こった20年ぶりの珍事
  7. 高校野球が雨天で中止
  8. Pリーガー紹介④
PAGE TOP