旅・スポット

阪神電鉄『芦屋駅』と周辺紹介

 

 『阪神芦屋駅』は兵庫県芦屋市公光町にある駅で芦屋川の上に建っており、駅舎と改札口は地下に地上にはプラットホーム2面線路2線がある構造になっています。

 

 駅の芦屋川東岸側南に阪急バス乗り場とタクシー乗り場があります。乗り場のすぐ前に「芦屋市役所」などの行政関係の建物が立ち並んでいます。

 

 芦屋川東岸側北の鳴尾御影線を越えた所には「芦屋警察署」があります。警察署の一角には旧庁舎玄関が保存されており、ネオゴシック様式・ロマネスク様式が特徴となっています。

 

 駅から芦屋川西岸南に約850mの所に「虚子記念文学館」があります。明治・大正・昭和にかけて活躍した俳人・高浜虚子に関する資料や交流のあった夏目漱石の吾輩は猫であるの直筆原稿や俳人・小説家の資料が公開されています。

 場所は兵庫県芦屋市平田町8-22。開館時間10~17時。休館日は月曜、祝日、年末年始、振替休日翌日。入館料は大人500円、18歳以下300円。

 

 駅から芦屋川西岸南西に約800mの所に「芦屋市谷崎潤一郎記念館」があります。明治・大正・昭和にかけて活躍した小説家・谷崎潤一郎の直筆原稿や愛用の品や史料などが公開されています。また文学講座や朗読会も行われています。

 場所は兵庫県芦屋市伊勢町12-15。開館時間10~17時。休館日は月曜、年末年始。入館料は大人300円、大学・高校生200円、中学生以下無料。

 

 

文章:北山南河

 

 画像出典 https://foter.com/f7/photo/25273379985/5533a5c661/

関連記事

  1. 名古屋『大須観音(北野山真福寺宝生院)』門前町:大須商店街界隈案…
  2. 阪神電鉄『香櫨園駅』と周辺紹介
  3. 『JR岐阜駅』の周辺観光散策案内
  4. 「ぜんざい」発祥の地:島根県『佐太神社』紹介
  5. 阪急神戸線『岡本駅』の周辺紹介
  6. 山陽電鉄『山陽網干駅』と周辺紹介
  7. 日本に70°Cの温度差のある町が存在する
  8. 阪急電鉄『池田駅』:周辺観光案内
PAGE TOP