レジャー

【欧州L】フランクフルトが優勝をかざる!

 

UEFAヨーロッパリーグ21-22シーズン決勝がスペイン・セビージャのラモン・サンチェス・ピスファンで行われ、ドイツのフランクフルトがスコットランドのレンジャーズを、延長含む120分(1-1)のすえPK戦を5-4で制し、優勝しました!

 

フランクフルトには、二人の日本人選手が所属しています。

鎌田大地選手と長谷部誠選手です。

 

UEFAのカップ戦ということでは、フェイエノールトに所属していた小野伸二さん以来の、日本人選手の優勝貢献という快挙です。

 

この試合、フランクフルトのディフェンダーが負傷し、代わりに長谷部選手が投入されました。

突然の交代にもまったく焦ることなく試合に順応し、しっかりと守り抜きました。

 

PK戦では、鎌田選手がきっちりと決め、大きく貢献してくれました。

 

このタイトルを獲得したことにより、フランクフルトは来シーズンのUEFAチャンピオンズリーグに出場する権利をものにすることになりました。

とてつもないことです。

 

鎌田選手はこのヨーロッパリーグで多くのゴールを決めており、優勝までの道のりにおいて途方もない活躍を成し遂げたと言えるでしょう。

 

日本人選手が、ヨーロッパの大きな大会でタイトルを獲得するという、前代未聞の快挙。

 

個人的には、やはり鎌田選手のワールドカップでの活躍を見たいと思っています。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/5109603850/3baac445e2/

 

関連記事

関連記事

  1. Pリーガー紹介⑥
  2. Jリーグの三浦知良選手が後半のロスタイムに出場(2021年3月)…
  3. 大相撲で怪我による休場が目立っている
  4. 新庄剛志さんがトライアウトを受験
  5. 幕下で6勝1敗力士同士の優勝決定戦が行われる(2021年1月場所…
  6. 休場を続ける横綱を強制的に引退させる制度が必要
  7. プロ野球、後半戦の行方は
  8. 棋士はどの職業よりも長く続けられる
PAGE TOP