サスペンス・ホラー

怖い話『もうひとりいたはず』

 

友人の大学生の時の話。

友人宅で麻雀をやることになった。

その際、メンバーに友人の知らない人も連れて行くという話を聞いていた。

 

友人は学生アパートの前でみんなを出迎え、部屋へぞろぞろと向かう。

部屋に入り、それぞれが卓に腰を下ろす。

 

さっきアパート前で見たときと、一人足りないことに気づいた。

 

『あっそうか、ひとりトイレに入ってるんだな』と思った。

 

だが

 

「早く座れよ、始めようぜ」

 

と麻雀牌をジャラジャラ鳴らしながら仲間が言う。

 

「もうひとりいたろ?待たなくていいのかよ?」

 

「これで全員だぞ」

 

そんな会話をしていると、トイレからザーッと水が流れる音がした。

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/3119430810/9895a923ce/

 

関連記事

  1. 怖い話『誰かいたはずなのに』
  2. 怖い話『帰ってきたよ』
  3. 怖い話『真夏のサンタクロース』
  4. 怖い話『早く見つけてよ』
  5. 怖い話『二階に上がっていったのは・・・』
  6. 怖い話『丸められた紙』
  7. 怖い話『だるまさんがころんだ?』
  8. 怖い話『取りに来て』

おすすめ記事

さんらいず小芝

1 事業所は、障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。…

ワークセンターいまがわ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

炊事がルーティン化した母親の胸中

 人間はどうしてご飯を食べなくてはならないのだろうか。 食べなく…

ゆめみ野工房

利用者が住み慣れた地域で豊かに愉快にゆうゆうと暮らし、自己実現ができるように利用者個々に応じた支援を…

Sun Hand

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP