サスペンス・ホラー

怖い話『もうひとりいたはず』

 

友人の大学生の時の話。

友人宅で麻雀をやることになった。

その際、メンバーに友人の知らない人も連れて行くという話を聞いていた。

 

友人は学生アパートの前でみんなを出迎え、部屋へぞろぞろと向かう。

部屋に入り、それぞれが卓に腰を下ろす。

 

さっきアパート前で見たときと、一人足りないことに気づいた。

 

『あっそうか、ひとりトイレに入ってるんだな』と思った。

 

だが

 

「早く座れよ、始めようぜ」

 

と麻雀牌をジャラジャラ鳴らしながら仲間が言う。

 

「もうひとりいたろ?待たなくていいのかよ?」

 

「これで全員だぞ」

 

そんな会話をしていると、トイレからザーッと水が流れる音がした。

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/3119430810/9895a923ce/

 

関連記事

  1. 怖い話『ドアが開けられないの』
  2. 怖い話『釣り人』
  3. 怖い話『帰ってきたよ』
  4. 怖い話『ごめんね』
  5. 怖い話『廊下に続く足痕』
  6. 怖い話『ニュース番組』
  7. 怖い話『手が届かない』
  8. 怖い話『看板人形』
PAGE TOP