レジャー

大相撲の十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所)

 

 2022年5月20日、10時30分時点の成績で、十両、幕下の入れ替えの予想をします。

 

 十両から落ちてもおかしくないのは現時点で1人

 

 東12枚目の十両力士が、3勝9敗となっています。下が2枚半しかないことから、幕下に落ちる可能性があります。他の力士については、幕下に落とされる成績の人はいません。

 

 千代嵐、大翔丸は関取維持が厳しい状況

 

 残り3日間のうち、1回でも負けてしまうと、幕下降格が現実味を帯びてきます。3連勝することで、関取の座を守ることができるのでしょうか。

 

 負けが込んでしまうと、幕下降格になる力士は残されています。彼らはどうなっていくのでしょうか。

 

 幕下から上がれそうなのは誰なのか

 

 東幕下8枚目の欧勝馬は、6番相撲を終えた時点で、6勝0敗となっています。7番相撲に勝利すれば、十両昇進が確定します。

 

 東二枚目の北青鵬は、6番相撲を終えた時点で4勝2敗です。確定ではないものの、十両にあがる権利を持っています。

 

 西幕下筆頭の西川は、3勝3敗です。7番相撲に勝利すれば、十両昇進の権利を得ることになります。

 

 東幕下3枚目の千代栄は、4勝2敗です。7番相撲に勝利すれば、十両に昇進する可能性は高くなります。

 

 西四枚目の金峰山は、5勝1敗となっています。7番相撲に勝利すれば、十両に昇進する確率が高くなります。

 

 13日目の取組前で、十両にあがれる可能性があるのは、5人となっています。十両の落ち方次第によって、関取にあがる、幕下のままであるのかが決まります。

 

 最近は十両優先の傾向が強い

 

 幕下に落ちる成績であったとしても、十両に残る力士が増えています。幕下から上がるためには、優秀な成績を収める必要があります。

 

 最後に

 

 残りは3日間となっています。悔いのないように、頑張ってほしいです。

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051901043&g=spo

©大相撲夏場所・幕内取組(13日目):時事ドットコム

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/2733018174/bd0bb5ae0c/

関連記事

  1. 海外旅行へ行く前にすること
  2. 2021年3月場所の番付発表
  3. 白鵬の初日の相撲を見て感じたこと
  4. 【サッカー】伝説の選手、スティーブン・ジェラード
  5. 2021年4月6日の「阪神ー巨人戦」で、珍しいタイミングでコール…
  6. 21世紀枠の甲子園出場校が姿を消した(2021年3月26日)
  7. コロナで休場した関取は番付が変動する(2021年3月場所)
  8. 将棋でタイトルを取る難しさ

おすすめ記事

とまと園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者等の意思決定の支援に配慮するととも…

あゆも

 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に…

ウェルフェアーまほろば

雇用契約等に基づく就労の機会を提供するとともに、一般就労に向けた知識・能力が高まった者に一般就労に向…

みつき(鴫野)

映画『草原の実験』のご紹介

出典:『草原の実験』より『草原の実験』(2014)は、アレクサンドル・コット監督…

新着記事

PAGE TOP