人生

何を信じるか

 

人は誰でも良くなりたいと願っているものです。

悪くなりたいなんて誰も思わないでしょう。

自暴自棄になることもあるかもしれませんが、それも心の底では良くなりたいと思うからこそそういう思いになるのだと思います。

人は誰でも意識するしないにかかわらず幸福を追求しているのだと思います。

 

人生にとって一番大切なこと。

それは、幸福になることだと思います。

そのために人は努力をしていると思います。

しかしその方法が、わからないからこそ悩むのだと思います。

その方法があるのかないのか、それが問題です。

 

誤ったもの、間違ったものを信じるとそれがどんなに善意に見えたとしても、不幸にならざるを得ない。

正しいものを信じれば、幸福になります。

それが正しい法、正法です。

不幸の根源、それが誤った法なのです。

それを信じて実行するかしないか、そこが幸不幸の分かれめです。

信じて実行すれば納得がいきます。

 

それを悟ったのが釈尊です。

仏典に「一切声聞. 辟支仏所不能知」とあります。

「一切の声聞・辟支仏の知ること能わざる所なり。」なのです。

未曽有の法なのです。

それは、難信難解です。

信じることが難しく解ることが難しい

そう説きます。

未だ曽てない法だからです。

そのことを信じ切れるかどうか。

三証というものがあります。

文証、理証、現証。

文証、

その考えは自分勝手に言っているのか、聖典のうえで裏づけをもっているか

理証、

その教義や主張が道理にかなっているかどうか

現証、

その教義に基づいて信仰を実践した結果が、生命や生活、そして、社会にどのように現れたか、現実の証拠です。

理論のうえでも、現実のうえでも納得のいく正しい法なのです。

実際に試して実験してみると納得がいきます。

 

何を信じて実行するかどうか

それは、あなた次第なのです。

共々に幸福に。

そう願っています。

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F65535%2F48501419986_72fbd272f0_c.jpg&s=08dc5aa2c41ab2765046265156e67207

関連記事

  1. 必死になりすぎる人は危ない
  2. 「凡人」でも努力すれば実績を残せる
  3. 「ありがとう」の精神は大切だ
  4. 一部の有力者によって多数の庶民が犠牲になる
  5. 人で一番大事なのは共感
  6. 人生の歯車が狂い続ける人生
  7. 人生はすれ違いの連続
  8. わずかな人間の悪事で社会は窮屈になる

おすすめ記事

ワークショップひまわり

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことが出来るよう就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

ラボラーレ登米

在宅障がい者多機能支援施設ラボラーレ登米は、関係法令を遵守するとともに『法人経営の基本方針』に基づき…

るあん高の原事業所 

男・女、大人・こども・高齢者、障がいのあるなしに関わらず、誰もが共に育っていける「つながり」をサポー…

多機能型事業所 ファブリカ

人間への深い愛と理解、社会の福祉に関する奉仕…

ワークセンターがたっこ

事業者は就労継続B型計画に基づき利用者の心身の状況等に応じて、その者の支援を適切に行うとともに、指定…

新着記事

PAGE TOP