サスペンス・ホラー

怖い話『小さな靴下』

 

車の後部座席に、赤ん坊用の小さな靴下があった。

誰かがイタズラして投げ入れたか、風に飛ばされて飛び込んできたか?ってとこだろう。

 

よく考えないまま、ポイっとゴミとして処分した。

 

後日、友人から

 

「この間、女の人乗せてたじゃん?あれ、何だったの?」

 

と聞かれた。

 

「何それ?見間違いじゃないの?」

 

「いや、後部座席に乗せてたでしょ?赤ん坊抱いた白い着物の女の人」

 

いつの間にやら親子の幽霊が乗り込んでいたらしい。

 

あの靴下、もう捨てちゃったんだけど・・・、あとで「わたしの赤ちゃんの靴下返して~~~」って来たらどうしよう?俺、憑りつかれて殺されるのかな?

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/50607311778/cd3c54bf3e/

関連記事

  1. 怖い話『見ていたのは同じ人?』
  2. 怖い話『オバケがいる!』
  3. 怖い話『お出かけかい?』
  4. 怖い話『犬が追うもの』
  5. 怖い話『相談事』
  6. 怖い話『駆け込んできたもの』
  7. 怖い話『赤い月』
  8. 怖い話『何にぶつかったのかわからない』

おすすめ記事

変則将棋を楽しんでみよう

 変則将棋として王手将棋が挙げられる。 基本的な将棋では王を詰ませば勝利となるの…

ビオラのうた

①利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう生産活動その他の活動の機会の提供を通じて…

ゆたか希望の家

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の心身の状況、その置かれている…

就労移行支援事業所カラフル甚目寺

就労に向けた訓練を行い就職をして頂く…

ハピネス東海 なごみ内作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう ①就労の機会を提供する ②生産活動その他…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP