サスペンス・ホラー

怖い話『のぞく子供』

 

わたしの部屋は2棟並んだ6階建てマンションの3階にある。

ある朝、洗濯物を干していると、向かいのマンション2階のベランダに男の子がいるのに気づいた。

 

その子は、カーテンのわずかな隙間からジッと部屋の中の様子を覗き込んでいる。

かくれんぼしているのか?イタズラして部屋から閉め出されているのか?

 

夕方になって、洗濯物を取り込もうと、ベランダに出て見ると、例の男の子はまだベランダにいた。

朝と同じように、カーテンの隙間から部屋の中を覗き込んでいた。

 

「これはひどい、虐待だ」

 

と気づいたわたしは、抗議しにそのお宅へ向かった。

 

「お宅のベランダに朝から男の子いるんですけど、何してるんですか?ひどくないですか?」

 

そこの住人はやつれた様子で「またですか?」と肩を落として言った。

 

そこの先住者に、子供が川に流されて行方不明の人がいるとかで、よく住人が変わる部屋なのだという。

今度、同じシーンを見かけても教えないでおこうと思う。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/235290475/7328621e44/

 

関連記事

  1. 怖い話『お前は死んでるのか?!』
  2. 怖い話『かまくら』
  3. 怖い話『もう少し先へ』
  4. 怖い話『水浸しの郵便受け』
  5. 怖い話『駆けてくる男』
  6. 怖い話『もうちょっとだったのに』
  7. 怖い話『お母さんがいない』
  8. 怖い話『自分だけが違う夜』

おすすめ記事

海匝ネットワーク

指定一般相談支援事業の適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、指定一般相…

ビーイングスペース萌

すまいる

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

オフィスカレッジ

どんぐり工房 

通常の事業所に雇用されることが困難な障害者のうち通常の事業所に雇用されていた障害者であってその年齢、…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP