詩・ポエム

詩:『うしなわれてしまったもの』

 

うしなわれてしまったもの

 

どんなものだったのか

 

なんであったのか

 

それも思い出されない

 

大事なものだった

 

きがかりだけがある

 

ただなんとなく

 

なくてあたりまえとなった

 

今となっては

 

誰も嘆くことはない

 

不思議なことではない

 

なにがなくなったのか

 

誰にもわからないから

 

あっけらかんとしているやからに

 

蹂躙されるほかはないのか

 

うしなわれてしまったものを

 

ただ守るためには

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/3597363547/bfd8924a83/

関連記事

  1. 詩:『ほんとうのことは』
  2. 『自分のために生きるんだ』
  3. 『自信がないから…』―自信のなさがゆえに誤解されやすい―
  4. 『抜け出したい』
  5. 『叶える為に…』―叶えたい夢があるから頑張れる―
  6. 『空の上』
  7. 『行動と心は時に違う』―心には正直でありたい―
  8. 「本能と欲望」

おすすめ記事

ジャパンマック福岡・就労支援事業所

「依存症者が回復、再発防止を土台とした一般就労を目指す」という理念の下、利用者一人ひと りが一般就労…

リーゼを減薬した副作用及び経過

 リーゼの服薬をやめたいと考えている人もいるかもしれません。今回は減薬した場合の副作…

チャレンジドジャパン鎌ヶ谷センター

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細かな就労移行支援のサービスを提供。…

夢工房 大宮

あいホーム

利用者の意向を尊重し、尊厳を保持する。総合的な支援で自立の促進に寄与する。…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP