詩・ポエム

詩:『うしなわれてしまったもの』

 

うしなわれてしまったもの

 

どんなものだったのか

 

なんであったのか

 

それも思い出されない

 

大事なものだった

 

きがかりだけがある

 

ただなんとなく

 

なくてあたりまえとなった

 

今となっては

 

誰も嘆くことはない

 

不思議なことではない

 

なにがなくなったのか

 

誰にもわからないから

 

あっけらかんとしているやからに

 

蹂躙されるほかはないのか

 

うしなわれてしまったものを

 

ただ守るためには

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/3597363547/bfd8924a83/

関連記事

  1. 『大切な存在』
  2. 『感情のまま』
  3. 『生き物』―感情のない生き物になりたかったー
  4. 『キャンディー』―あなたの笑顔が世界一好きー
  5. 『傷が深かった』
  6. 『毎日使った机』―本当に今までありがとうー
  7. 『疲れているのは…』
  8. 『比べる必要なんてない』
PAGE TOP