レジャー

プロ棋士になったからといって生活を保障されているわけではない

 

 プロ棋士になれば、将来の生活は安泰だと考えている人はいませんか。実際はそういうわけではありません。

 

 C級2組で降級点を3つとると、フリークラスに転落する

 

 プロ棋士になった人は原則として、C級2組で将棋を指すことになります。ここで、降級点を3つとる(条件によって消えることもある)と、フリークラスに転落することになります。

 

 フリークラスに転落すると、10年以内に一定以上の成績を収める必要があります。できなかった棋士については、引退という扱いになります。

 

 フリークラスに落ちると戻ってくるのは難しい

 

 フリークラスに落ちた棋士の多くは、C級2組に復帰するための成績をおさめられず、引退に追い込まれています。一度落ちてしまうと、這い上がってくるのは難しいです。

 

 30~40代で引退に追い込まれた棋士もいる

 

 20~30代でフリークラスに転落し、引退に追い込まれた棋士も存在します。プロの世界で勝ち抜くのは大変なのかもしれません。

 

 まとめ

 

 藤井聡太五冠の活躍が目覚ましい一方、これからという時期に引退を余儀なくされる棋士も存在します。プロの世界で生きていくのは非常に厳しいです。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/2594348077/dae4e300a4/

関連記事

  1. 選抜2021の明治神宮枠をどのように扱うのか
  2. ラグビーワールドカップの賞金
  3. パラリンピックで71歳の選手が出場権を獲得した
  4. プロ棋士になるのは難しい
  5. プロ野球ペナントレース優勝の行方は?(パリーグ編)
  6. 選抜の甲子園出場校予想2
  7. 関取昇進の明暗を分ける番付半枚の差
  8. 照ノ富士の大関復帰が濃厚
PAGE TOP