レジャー

【将棋界】フリークラスでプロ入りするメリット、デメリット

 

 プロデビューをする一部の棋士は、フリークラスに編入されることになります。フリークラスでデビューするメリット、デメリットを書いていきます。

 

 メリット プロデビューできる

 

 プロにならなければ、棋士として収入を得ることはできません。フリークラスであったとしても、プロデビューできるのは大きなメリットです。

 

 フリークラスでプロ入りしたあとに、一定の成績を収めることによって、C級2組に昇格することができます。実力さえあれば、這い上がることが可能です。

 

 デメリット1 身分が不安定になる

 

 10年もしくは10年半以内に一定の成績を残せなかった場合、フリークラスの規定により引退扱いとなります。C級2組のプロとしてデビューした棋士よりも、不安定な立場で将棋を指すことになります。

 

 デメリット2 収入が少なくなる

 

 フリークラスの棋士は、基本給などが低めとなっています。収入が少ないというデメリットがあります。

 

 フリークラスでデビューできる権利を行使しなかったのは一人だけ

 

 フリークラスでプロ入りする権利があるにもかかわらず、プロにならなかったのは一人(佐藤天彦九段)だけとなっています。身分が不安定になったとしても、棋士になるメリットの方が大きいのかもしれません。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/3443518885/543ebf57a2/

関連記事

  1. 大相撲の阿炎が引退届を提出
  2. 相撲界でコロナウイルスが蔓延
  3. Pリーグとは…?
  4. ナイキが新高速シューズ(アルファフライ)をデビューさせるかもしれ…
  5. 高校野球が雨天で中止
  6. 高校野球の兵庫大会は甲子園を使用していた
  7. 京阪電車の3000系の立ち位置がコロコロ変わる
  8. 3000系ライナーが実現するときは来るのか

おすすめ記事

クラシック人気作曲家⑪

皆様こんにちは!桐谷 凛花(きりたに りんか)です。今回も宜…

‘自立ライフサポートセンター’大空

居処どこでも

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

【サッカー】伝説の選手、リオ・ファーディナンド

今回は、リオ・ファーディナンドをご紹介します!リオ・ファーディナ…

就労支援はる風

企業等に就労することが困難であって、雇用契約に基づき、継続的に就労することが可能な65歳未満の利用者…

新着記事

PAGE TOP