サスペンス・ホラー

怖い話『お迎えにあがりました』

 

玄関チャイムが鳴った。
ハーイと返事をすると、ドアの向こうから、

「お迎えにあがりました」

という声。

「え、何ですか?」

「こちら倉本さんのお宅ですよね」

という。

倉本さんは同じ団地の別棟の住人だ。
呼ばれたタクシーとかが、お宅を間違えてるなと思い、

「倉本さんなら2号棟ですよ」

と教えてあげたが、

「とりあえずドア開けてもらえませんか?」

– え、何で?! -

「イヤです」

そんなやり取りをしばらくあったあと、相手は帰っていった。

翌日、2号棟の倉本さんのおじいさんが亡くなられたという、知らせを受けた。

急性の病気で突然倒れたということだったが、お迎えってあっちのお迎えってことでは?と思うとゾクッとした。

あの時、ドア開けてたらどうなってたんだろ?
このことがあるまでは時々、換気のためドアや窓を開け放していることがある。
それ以来、ドアはいつも閉じておくようにしている。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/227087038/cc2f3bd166/

 

関連記事

  1. 怖い話『ずぶ濡れの人』
  2. 怖い話『手が届かない』
  3. 怖い話『何かいた』
  4. 怖い話『ヘッドライト』
  5. 怖い話『知らない親戚』
  6. 怖い話『お出かけかい?』
  7. 怖い話『おじいさんが寝てるんや』
  8. 怖い話『開けてください』

おすすめ記事

あゆクリーンサービス

・働いた報酬である工賃収入によって地域生活が営めるよう経済的支援を目指します。 ・一般就労やパート就…

就労継続支援B型事業所 Q&S

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともに、通所により…

のぞみ

・事業所は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに通…

『人生が変わる瞬間…』

今まで普通の人生だった…でも突然大きな病気になった。&nbs…

笑点55周年に松井秀喜さんが登場

 笑点の55周年にちなんで、松井秀喜さんが登場しました(背番号の55にかけている)。…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP