サスペンス・ホラー

怖い話『もう一人の住人』

 

わたしがまだ幼稚園に通う前の幼い頃。

夕方、家に帰ると、玄関に知らないおじさんがドカッと座っていた。

 

― お客さんかな? ―

 

家に入ろうにも場所を空けてくれそうにないし、さっきから怖い顔で睨みつけている。

わたしはすぐに帰るだろうと、玄関先に出しっぱなしにしていたおもちゃで時間を潰していた。

おじさんがなかなか帰ろうとしないまま、陽も沈んで暗くなってきた。

2階の窓から、

 

「そろそろ家に入りや」

 

などと祖母が声を掛ける。

 

仕方なくわたしはおじさんの横のわずかな隙間を通って家の中に入った。

その間も

 

― 俺に触れたら承知しないぞ ―

 

と怖い空気を醸し出している。

 

その後、お風呂で祖父に、

 

「さっき玄関にいた人、誰?」

 

と聞いてみた。

背広を着た怖い顔のと、特長を言うと、祖父は言った。

 

「うちにあんな人、こんな人おるって人に言うんやないぞ!」

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/9521922267/2b5153cac4/

 

関連記事

  1. 怖い話『死んだのですか?』
  2. 怖い話『だるまさんがころんだ?』
  3. 怖い話『ボスママの眼』
  4. 怖い話『仏間の少女』
  5. 怖い話『砂山』
  6. 怖い話『手遅れ』
  7. 怖い話『公園のベンチで寝ていると』
  8. 怖い話『わたしはここにいる』

おすすめ記事

就労活動支援事業所 やきものの里

利用者の自立と社会経済活動への参加を促進するため通所による就労や生産活動のの機会を提供するとともに一…

きのこセンター翼

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が…

ギザ十の価値はいくら?

ギザ十とは日本で1951年から1958年にかけて製造された十円硬貨のことです。縁…

フロンティアおやま

障碍者ITカレッジ四日市

個が持つ特性を見い出し、伸ばし、活かす。…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP