レジャー

将棋の第70期奨励会三段リーグが終了

 第70回三段リーグが終了

 

 四段昇段をかけた三段リーグは終了し、岡部三段、徳田三段が四段に昇段しました。

 成績はともに15勝3敗となります。順位の関係で、岡部三段が1位、徳田三段が2位という扱いです。(順位戦のときに影響する)

 

 昇段した二人については、2022年4月1日より、順位戦のC級2組に参加します。彼らの活躍に期待しましょう。

 

 片山三段が次点

 

 14勝4敗の成績で3位となり、次点がつくことになりました。次点がつくための条件を満たせば、フリークラスのプロとしてデビューできるようになります。2位以内になった場合、順位戦に参加できるプロとしてデビューします。

 

 片山三段は17歳と若いです。来期にプロになることができれば、将来的にタイトルに絡むような棋士になるかもしれません。

 

 13勝5敗の奨励会員が4人

 

 四段になるボーダーラインといわれる、13勝5敗が4人もいました。今回はハイレベルな成績で終わりました。

 

 最後に

 

 四段にあがれなかった人は、4月から新しい戦いが始まることになります。優秀な成績を収めて、プロデビューしてほしいと思います。

 

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/03/13/kiji/20220312s000413F2657000c.html

©岡部怜央、徳田拳士の両三段がプロに 第70期奨励会三段リーグ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/21874851808/9547d69883/

 

関連記事

関連記事

  1. 女性初のプロ棋士は誕生するのか
  2. 高校サッカーのスーパーシード制(地域別)
  3. 斎藤佑樹は2021年も現役なのか
  4. 不名誉な記録が勲章になることもある
  5. 大相撲で怪我による休場が目立っている
  6. プロ野球の展開予想(2020年9月29日時点)
  7. 大晦日の深夜、正月限定の急行プレミアムカーに乗車してみよう
  8. 【サッカー】今回のワールドカップでジャイアントキリングが多い理由…
PAGE TOP