レジャー

【欧州CL】アトレティコが接戦を制しベスト8へ!

【欧州CL】アトレティコが接戦を制しベスト8へ!

 

UEFAチャンピオンズリーグ21-22シーズン決勝トーナメントベスト16 2nd leg

 

スペインのアトレティコ・マドリードが、敵地オールド・トラッフォードにてマンチェスター・ユナイテッド(マンU)を0-1で下し、準々決勝へと駒を進めました!

 

前半冒頭からホームのマンUが攻めアトレティコが自陣に引いて守る展開に。

前半13分、右サイドを突破したブルーノ・フェルナンデスからのクロスにエランガが反応するも、GKオブラクが顔面でセーブ。

 

前半16分、デ・パウルのミドルシュートが相手選手に当たりゴール左上隅へと向かいましたが、GKデ・ヘアがスーパーセーブを見せます。

 

両チームGKがピンチを防ぐ熱い模様。

 

34分、中盤を打開したアトレティコは、コケからのスルーパスをマルコス・ジョレンテが受け、グラウンダークロスからフリーのジョアン・フェリックスが直接ゴールに沈めたかに思われましたが、これはジョレンテがオフサイドという判定に。

 

その後、41分にその時が訪れました。

 

カウンター攻撃からジョアン・フェリックスの意外性のあるヒールパスを受けたグリーズマンが、クロスボールでフリーとなっていたレナン・ロディがヘッドでゴールを決めます。

 

我慢に我慢を重ねたアトレティコが、ついに先制点をとったのです!

 

後半に入り、マンUのラングニック監督は、ポグバ、カバーニ、マティッチを投入し打開をはかります。

さらにディフェンスの選手を下げてフアン・マタを入れるなど、猛攻撃をかけようとします。

 

パワープレーをしようとするもなかなか配球できず、中盤で思うようにボールが繋げないマンU。

 

最後まで得点できず、0-1で試合終了となりました。

 

手堅い試合展開を見せてくれたアトレティコ。本来のアトレティコらしさが垣間見えた試合となりました。両指揮官の上手さの差が出たようにも思われます。

二試合合計スコア2-1でアトレティコ・マドリードは二年ぶりのベスト8へ。

プレミア勢が強い昨今、先日のレアル・マドリードにつづきベスト8に残ったスペイン勢として、アトレティコ・マドリードのさらなる活躍が期待されます!

 

https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202203160000056.html

©ロナウド封じられたマンチェスターU、3年ぶりの8強ならず Aマドリード・ロディの1発に沈む – 欧州CL : 日刊スポーツ

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/4605077746/0d2ec620f5/

 

関連記事

関連記事

  1. 大坂なおみ選手が記者会見を拒否
  2. インフルエンザを発症したのに相撲を取らされる
  3. 選抜2021の明治神宮枠をどのように扱うのか
  4. 正式な棋士以外が竜王戦の5組以上に昇格した場合の扱い
  5. 高校サッカーのスーパーシード制(地域別)
  6. 常識を覆す野球ゲームがある
  7. 里見女流四冠が出場する棋王戦の本戦トーナメントの組み合わせが決定…
  8. ヤクルトの村上選手はホームランの日本記録を更新するのか
PAGE TOP