時事問題

JR西日本が減便を実施

 

 JR西日本が減便を実施

 

 2022年3月12日のダイヤ改正において、一部の列車が減便となります。運転は続けるものの、運転区間が短くなる電車もあります。

 

 コロナウイルスの影響を受けた可能性が高い

 

 コロナウイルスによって、在宅ワークを導入する会社が増えました。そのあおりを受けて、乗客が減少したものと思われます。

 

 全区間において減便がなされる

 

 地方だけではなく、環状線などにおいても減便となります。都市部にも切り込んだところが、JR西日本の意思の強さを感じさせます。

 

 地方を中心に減便は加速すると思われる

 

 JR西日本は民間会社なので、赤字になる路線は廃止したいのが本音です。次回のダイヤ改正以降、地方便がさらに減ることが予想されます。地方によっては、2~3時間に、1本だけということもありそうです。

 

 本数を増やしたいのであればお金を落とすのが一番

 

 JRが増便に前向きになれる理由は、収益増だけとなっています。他のことについては、意味はまったくありません。

 

 まとめ

 

 乗客数によって、ダイヤは変更となります。乗客数が戻れば、1時間当たりの電車は増えるかもしれません。

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/47100767802/bceaff191d/

関連記事

  1. ヒーローになれない凡人は、敵対しない道を選ぶ
  2. 愚痴をいわない人と親しくなりたい
  3. 子育てについて2
  4. 働きアリの法則
  5. 自分の身は自分で守ろう
  6. 今年は旅行、ライブ、スポーツ観戦などが難しいかも
  7. 同姓同名の候補者に投票する場合の注意点
  8. 私が好きな動物「セキセイインコとオカメインコ」①

おすすめ記事

岩見沢あかり家

事業所が行う指定就労継続支援B型の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう…

ももたろうファーム

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活が営むことができるよう、利用者に対して、生産活動その…

山武市松尾福祉作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

相談支援 サン・シーエル

ENTAS

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP