時事問題

JR西日本が減便を実施

 

 JR西日本が減便を実施

 

 2022年3月12日のダイヤ改正において、一部の列車が減便となります。運転は続けるものの、運転区間が短くなる電車もあります。

 

 コロナウイルスの影響を受けた可能性が高い

 

 コロナウイルスによって、在宅ワークを導入する会社が増えました。そのあおりを受けて、乗客が減少したものと思われます。

 

 全区間において減便がなされる

 

 地方だけではなく、環状線などにおいても減便となります。都市部にも切り込んだところが、JR西日本の意思の強さを感じさせます。

 

 地方を中心に減便は加速すると思われる

 

 JR西日本は民間会社なので、赤字になる路線は廃止したいのが本音です。次回のダイヤ改正以降、地方便がさらに減ることが予想されます。地方によっては、2~3時間に、1本だけということもありそうです。

 

 本数を増やしたいのであればお金を落とすのが一番

 

 JRが増便に前向きになれる理由は、収益増だけとなっています。他のことについては、意味はまったくありません。

 

 まとめ

 

 乗客数によって、ダイヤは変更となります。乗客数が戻れば、1時間当たりの電車は増えるかもしれません。

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/47100767802/bceaff191d/

関連記事

  1. 電車内で客がマスクをせずにトラブル
  2. 市町村合併と「学校の閉鎖」の関連性
  3. 仕事ができることに感謝したい
  4. 親族であっても患者と面会できない現状
  5. 熱中症予防のための水分補給で注意すること
  6. メール、電話の回数が多い恋人の心理
  7. 3000系プレミアムカーは9月25日のダイヤ改正に影響したのか
  8. 社内では八分目を心がけよう
PAGE TOP