詩・ポエム

詩:『高台にある美術館』

 

高台にある美術館

 

海を見晴らすことのできる

 

ちいさな個人美術館

 

亡くなった画家の奥さんが

 

今は館長をしている

 

良家の令嬢であった奥さんが

 

ハンサムな旦那を支えていた

 

海外で暮らし海を描いていた

 

この美術館は

 

旦那の生きた証として

 

奥さんが建てたもの

 

残ったのは

 

画家の業績ではなく

 

奥さんの

 

旦那さんへの愛だったのだ

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/11167098995/ed750ceeee/

関連記事

  1. 『病気の辛さは…』
  2. 『キャンディー』―あなたの笑顔が世界一好きー
  3. 『目を閉じた瞬間…』
  4. 『毎日使った机』―本当に今までありがとうー
  5. 『蛍の輝き』―梅雨の時に見る蛍は、一番いい―
  6. 『プライドが邪魔をする』―時にプライドを捨てて素直になれたらいい…
  7. 『なんだろう・・・』
  8. 『悲しみが…』
PAGE TOP