レジャー

藤井聡太さんが史上最年少の5冠に王手

 

藤井聡太さんが史上最年少の5冠に王手

 

 藤井四冠は王将戦の挑戦者となり、これまでに3勝0敗の成績を収めています。2月11日、2月12日に行われる王将戦の第4局に勝利すれば、史上最年少の5冠となります。

 

 現在のタイトルとしては、竜王、王位、叡王、棋聖を所持しています。

 

 5冠になれば4人目の快挙となる

 過去に5冠を達成したのは大山康晴さん、中原誠さん、羽生九段のみとなっています。いずれも偉大な功績を残した人たちです。そのような人たちの間に、藤井四冠は割って入ろうとしています。

 

 名人戦の挑戦権を持たない人が、5冠を獲得するのは異例である

 

 名人の挑戦権を持たない人であっても、タイトルを獲得することはあります。ただ、五冠というのは記憶にありません。彼の成長スピードが速すぎて、現代の制度が追いついていないのかもしれません。

 

 名人戦については、上から2番目であるB級1組に在籍しています。今年度に昇級することができれば、挑戦権をかけた戦いに参加できるようになります。

 

 まとめ

 天才棋士は将棋界を呑み込もうとしています。彼にストップをかけられる人物は現れるのでしょうか。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/6de59e368f14e53e046a0042e38770e493d2b1fd

©藤井聡太五冠、富士山に例えると現在地は「森林限界の手前」…王将獲得一夜明け「頂上全く見えない」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/2594348077/dae4e300a4/

 

関連記事

  1. 京阪電車のダイヤ改正後2
  2. 【サッカー】カゼミーロがユナイテッドに電撃移籍!
  3. Jリーグの三浦知良選手が後半のロスタイムに出場(2021年3月)…
  4. 名人戦において、マスク不着用で反則負け
  5. 大相撲の十両、幕下の入れ替え予想を書いていきます。(2022年1…
  6. 【サッカー】日本代表、パラグアイ代表に4-1の快勝!
  7. NHKの受信料は2020年10月より値下げ
  8. 千代の国は幕下、十両、幕内で一場所ずつ優勝し、三場所連続優勝を成…
PAGE TOP