コラム

不安を減らす方法

 

不安を減らす方法について、

「『精神科医が教えるストレスフリー超大全』樺沢紫苑著」より

 

 

なぜ、不安は起きるのか?

 

何かについて悩み、苦しむときに「不安」がつきまといます。

悩みが解決されれば、不安は解消されます。

 

不安を消すにはまず「行動する」ことです。

 

ほとんどの悩みの共通点は、「どうしたらいいか?」という「対処法」「解決法」を知りたいことでしょう。

 

 

悩みの解決の手順は、対処法、解決法を知ることと、それを実行、行動することです。

ただそれだけです。

 

それでは具体的に述べていきたいと思います。

 

対処法を知る方法には、

「自分で調べる」(自力で解決)、

「人に相談する」(他人の力を借りる)、

の2パターンしかないという事です。

 

今回は、自力で解決する方法を紹介します。

 

不安を減らす方法ベスト3

 

ベスト1:情報収集 

 

ベスト2:学び(読書等)

 

ベスト3:ポジティブなアウトプット

 

があります。

 

 

すべてのベースとなる「解決法」

 

「悩み」を「ToDo(何をすべきか)」に置き換える。

 

 

悩みを解決する手順は、次の4ステップです。

 

(1)悩みを書く

 

自分の悩みを、できるだけ詳しく人に相談するイメージで文章化する。

「悩みを書く」ことで、「つらい」「苦しい」「たいへん」という感情に支配され、何に悩んでいるのか原因が見えなくなっているので、自己を客観視できるということです。

 

(2)対処法を調べる

 

対処法を調べる場合、「まずはネットで調べる」という人が多いと思いますが、信頼性も不十分で、根拠もなく間違った情報もよく書かれているので、必ず「本」を使う。

ポイントは「ToDo」を3つ見つけることです。

 

(3)やってみる

 

対処法がわかれば、簡単に実行できるように、「できそうなToDo 」に置き換えて実行してもいい。(最低でも1~2週間実行)

 

(4)評価する(フィードバック)

 

1~2週間が経ったら、どこまでできたか評価する。

 

評価の手順1 うまくいっていない理由を3つ書く

評価の手順2 うまくいっている点を3つ書く

評価の手順3 次のToDoを3つ書く

 

それぞれについて最低でも3つ書く

 

書き終わった後の気分がポジティブになるように手順通りに書く。

 

そして、次のToDoを1週間実行してまた評価(フィードバック)を行います。

 

これを繰り返します。

 

これでかなり効果が現れてくるはずです。

 

 

最後に、「悩み」をすべて「ToDo」に置き換える習慣を身につけてください。

 

それだけで、「悩んでいる自分」は、消え去るでしょう。

 

 

文章:シャーペン

関連記事

  1. ショートショート『高齢者施設に変化』
  2. 不思議な話『熱湯では伸びないラーメン』
  3. 佐藤 優『官僚階級論-霞が関といかに闘うか』モナド新書
  4. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  5. 小説:『純喫茶』
  6. 『グレン・グールド 孤独のアリア』
  7. 伊藤裕『なんでもホルモン 最強の体内物質が人生を変える』朝日新書…
  8. 映画『アウトサイダー』のご紹介

おすすめ記事

就労継続支援B型事業所 あーち

 障害者総合支援法に基づく通所施設として、利用者に対して適切な作業を提供し、就労意欲を高め、社会参加…

ぐんぐんハウス

未来工房にじ

障害者が地域住民の一人として年齢相応の普通の生活をできるように支援する事…

サクラオアシス平和 

利用者に対して、通常の事業所での就労の継続を図るために必要な当該通常の事業主、障害福祉サービスの事業…

いしべ共働作業所

賃金のアップの達成 地域生活の確立 企業就労の実現…

新着記事

PAGE TOP