コラム

佐藤 優『官僚階級論-霞が関といかに闘うか』モナド新書

 

佐藤 優『官僚階級論-霞が関といかに闘うか』

 

著者の佐藤氏によれば、国家という実体のないものを実質的に体現しているのは「官僚」の存在だとしています。

官僚は、社会契約論を著したフランスの思想家ジャン・ジャック・ルソーが語ったところの「一般意志」に基づいて、恣意的な正義を行使していきますが、民主政治体制の中で彼らの役割りが、表向きには選挙で選ばれた政治家を裏方で支えているような錯覚を起こし、あたかも事務方の職員として見えてしまいます。

教科書的に概観すれば、法の支配に則って、行政事務などを遅延なく遂行させるのが、官僚の置かれた役目のような印象を受けます。

 

本書からですが、官僚の在り方を原理的に捉える見方を提示している以下の文章を転載しておきます。著者の佐藤氏は、どちらかと言えば表向きとは違う官僚の実体を描き出していました。

 

官僚を一つの集団としてみた場合、その本質は、社会状況とは無関係に、あらゆる手段を行使して税金を巻き上げ、自己の利益を確保しようとする階級だということです。しかも、この官僚階級は、民主主義の制度よりもずっと古くから生息する寄生体なのです。

大統領制や議会制のもとにおいては、投票によって信任された者が、官僚をつかって政治を行うようにみえます。しかし、歴史的な成り立ちからみれば、民主主義は官僚階級みずからの専制を粉飾する装置だということです。(P230)

 

https://www.weblio.jp/content/%E5%AE%98%E5%83%9A

©官僚(かんりょう)とは何? Weblio辞書

 

文章:justice

関連記事

  1. ショートショート『心を満たす人』
  2. ジェラートピケって知ってる?ときかれたときの男性の反応
  3. 「努力=苦しい」から離れる
  4. ショートショート『大きな世界に飛び込むのを応援する彼女』
  5. 小説:『彼女との約束(4)』
  6. ショートショート『夢の中の衝撃的な出来事』
  7. ルイス・スアレスの涙
  8. 炊事がルーティン化した母親の胸中

おすすめ記事

フィールド1

国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局神戸視力障害センター

『人生』

生きて行く限り後悔はつきものです。 「あの時あーしとけばよかった」 「こうし…

障がい者支援センターそよかぜ

利用者の意思及び人格を尊重し、自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう配慮するとともに、…

就労継続支援B型事業所 清水の里

 利用者様が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者様に対して就労の機会を提供する…

新着記事

PAGE TOP